タグ別アーカイブ: 膝の痛み

今日からできる!変形性膝関節症3つの対策!!

最近、患者さんから「膝が痛くなってきた」という声を聞くことが多くなってきました。

・病院に行くほどではないけど…

・立ち座りが痛い、正座ができない

・自分が歩いているところを見ると何かがおかしい

などなど…

このような症状がある方は、もしかしたら変形性膝関節症になってしまう1歩手前の状態かもしれません。

今回は、名前は聞いたことがあるけどよく知らない変形性膝関節症について説明させていただきます。自宅でできる簡単な対策法もご紹介いたしますので是非参考にされてみてください。

 

そもそも変形性膝関節症とは??

1.簡単に言うと…

変形性膝関節症とは、膝の軟骨がすり減ったり、なくなって膝の形が変形し、痛みや腫れをきたす状態をいいます。重症になると、骨が露出して関節の表面がデコボコになり、 本来の滑らかな動きが障害されます。

また、関節の変形や運動痛、 可動域制限等により、 起立や歩行に大きな影響を与えるため、生活の質を著しく低下させます。

日本人の場合、すねの骨が内側に 弯曲しているので、 体重のかかり方から内側の軟骨ばかりが擦り減り、徐々にO脚になって、変形性膝関節症に発展しやすいといわれています。

2.どれくらいの患者さんがいるの??

厚生労働省は、国内での変形性膝関節症患者数を、自覚症状がある患者数で約1000万人、潜在的な患者数 (病院で診断された人、気づいていない人)で約3000万人と推定しています。

高齢化の中、患者数は年々、増加しています。

発症率は高齢になるほど上がり、50歳以降の男女比(患者割合)では、女性のほうが男性よりも1.5倍~2倍多いことがわかっています。

対策1 筋力強化

変形性膝関節症の予防と症状の進行を遅らせるためによく言われるのが膝のまわりの筋肉を鍛えることです!

大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前側の筋肉を鍛えることがよいと言われています。特に内側にある内側広筋は重要で、様々な研究もされており、変形性膝関節症と言われた方は大体この筋肉が弱くなっています。

内側広筋の鍛え方

①タオルかクッションを丸めて膝の下に入れる

②軽く曲げたところから、膝の裏でタオルを押し付ける

③最後までしっかり伸ばして、膝の内側を意識する!

内側広筋は、膝関節軽度屈曲位(軽く曲げたところ)から最終伸展(伸ばし切ったところ)で最も力が入ると言われています。最後のひと伸ばしがとても重要なんです!
④ボールなどを挟んで内側をより意識するのも良いですね!

ここまでは、一般的に言われている対処法なのですが、このほかにも鍛えるべき場所があります。それは、股関節周りと足元の筋肉です。

膝は痛くなるとそこの場所だけが注目されがちですが、股関節と足元の中間にある関節なのでその両方の影響をとても受けます。

お尻のまわりの筋肉がダルダルになっていたり、偏平足になっていたりすると歩き方が変わっていしまうので、膝への負担も大きくなるのです。
ですから、股関節周りや足元の筋力を鍛えることはとても重要なのです!!

対策2 体重を減らす

2つ目は体重を減らすことです。

肥満は変形性膝関節症の危険因子として科学的にも認められていて高い水準で証明されています。おもりが増えれば、膝への負担が大きくなる、考えてみれば簡単なことですね!

肥満の人は例外もありますがだいたい筋力も弱い人が多いです。先ほどお話ししたような、筋トレから始めてみるのもいいかもしれません。

筋トレ以外にやっていただきたいものもあります。有酸素運動です。

きついイメージがありますが、それはまとめて一気にやってしまうから。連続して運動するのではなく、合計でどれだけ運動したかが大事なんです。

以前は連続しないと意味がないと言われてきましたが、最近の研究ではそうでもないことがわかってきました。30分の運動を10分ずつ3回に分けてやっても大丈夫です。これならできそうですよね。

いきなり走ったりすると膝だけではなく心臓とかにも負担がかかりますので、まずは歩くことから始めましょう。プールなどを利用するのも良いです。無理をするのではなく、軽く息が切れる程度のペースから始めてみてください。

そして、最も大事なのは食事です。いくら筋肉をつけて運動をしても脂っこい食べ物や砂糖を取り過ぎると太ります。せっかく運動を始めたのなら食事を見直して、体重をコントロールしていきましょう!

対策3 体重のかかる場所を変える

日本人の変形性膝関節症に多いのは内側型です。

膝の内側に負担がかかり変形していくのですが、ここに体重がかかるのをすこし変えることができれば、膝の負担も軽減でき痛みを減らすことができるのです。やり方は2つあります。

一つは靴の中敷きを変える。先ほどもお話しした通り、膝は足と股関節の影響を強く受けます。足元の調整をすることで体重のかかる位置は変わってきます。ただし、専門的な知識が必要になるので、病院や専門店に相談してから変えるようにしましょう。

もう一つは、股関節周りの筋肉を鍛える。その人に合った筋トレ方法があるので知りたい方は、骨盤王国にいらしてください!

 

注射って効果あるの!?

病院に膝が痛くて行くと、「注射しましょう」と言われて膝の中に注射をすることがあります。あの注射に効果はあるのでしょうか?効果は…あります。

注射の効果についても高い水準での科学的根拠があり、効果がないというのはウソになります。

ただ、注射+運動がさらに効果があることも証明されているので、注射だけでなく運動もしてくださいね!

 

いかがだったでしょうか?変形性膝関節症と運動や肥満との関係性はいろいろな学会や協会で科学的に証明されています。かなり関係性が高いです。今回の記事をきっかけに生活を見直してみるのもいいかもしれません!

膝が痛くなる年齢の方々はまだまだ元気に生活できる人が多いです。これから先の明るい未来のために今からかんばりましょう!

 

産後のママを困らせる膝の痛み!一番の原因は○○○!?


膝の痛み

妊婦さんにとって、出産は1つ目のゴールでした!ですが、産後「ほっ」とするまもなく次の「子育て」のステージがすぐにスタートします。そして「出産後の子育て生活がこんなにも大変だったなんて…」と妊娠中の理想と産後の現実のギャップに悩むママは多いようです。本日はそんな産後のママを悩ませる原因のひとつである産後の膝の痛みの原因ついて、まとめてみました。

 

 

産後ママはみんなこんな膝の痛みで悩んでいます。

妊娠中は何ともなかったのに子育てが始まった産後からだんだん膝の痛みが酷くなって、ある日に境に例えば…

☑立ったり座ったりするときに毎回“ウッ…”っていう痛みに悩まされたり。
☑膝関節がギシギシ痛んでつらかったり。
☑立つ時は必ず腕で支えて立たないと立てなかったり。
☑何かにもたれたりしながら立ち上がったりしたり。
☑歩き始めがゆっくり、ぎこちない歩き方になってたり。
☑階段の上り下りもきつい…。
☑赤ちゃんの抱っこが苦痛に感じてしまう…。

 

ふと気がつくと、「これじゃ、まるで、よぼよぼのおばあちゃんみたい!」とショックをうけつつ「おばあちゃんてこんな気持ちでなんだなぁ…」としみじみ老後を体験しているようで複雑な気持ちになっているママは結構多いです。

 

膝の痛みについて「気がついたら膝の痛みが無くなってたよ!」とアドバイスされる先輩ママもいますが、まさに今、膝の痛みに悩まされているママにとっては「本当に我慢して時間が経てば膝の痛みはなくなるの?」と半信半疑になってしまいませんか?そんなママの為に産前は膝なんて痛くなったことなんてないのに、なぜ産後に痛むのか?まずはその原因をまとめてみました。

膝関節

 

産後に膝が痛み出す3つの原因!?

 

①膝の痛みの一番の原因は純粋に足の筋肉の疲労です。
「えっ!?そんなシンプルな理由なの…?」と思われたママがほとんどだと思います。でも、思い返してください。産後は首の据わっていない赤ちゃんを抱っこしますよね。その際に、赤ちゃんの首が折れてまわないように赤ちゃん第一にそっと抱きかかえてますよね?

この時にバランスを取りながら立ち上がるようになるのですが。この動作はあなたが思っている以上に太ももの前面に大きな負荷がかかっています。そして、この動作が1日限りとかであればいいのですが、出産1年目の育児では、毎日この動作を繰り返すことになります。

 

ちなみに普通に歩くだけで体重の3倍の負担がかかるといわれています。生後3ヶ月の赤ちゃんは5kg超えていることがほとんどなので、そんな赤ちゃんを抱っこして歩くだけで膝にかかる負担はプラス15kg分です。15kgといえば5kgの米×3袋分です!

 

どうでしょう!少しはどれだけ膝に負担がかかっているのかイメージできてきたのではないでしょうか?ですから、徐々に膝に疲労が溜まって、疲労が抜けなくなると硬くなり、最終的に痛みへと変わっていき、その痛みがママによっては膝の痛みとしてでてきてしまう訳です。ですから、あたり前すぎるかもしれませんが足の筋肉疲労が膝の痛みの一番の原因という理由です。

 

 

②骨盤や股関節のゆがみ
出産前は出産に向けて、関節や骨盤の動きを柔らかし、スムーズに赤ちゃんを産めるようにリラキシンというホルモンが分泌されることを聞いたことがあるママは多いと思います。このホルモンは出産後は分泌が少なくなっていき、本来は骨盤を含め妊娠前の体にママの体を戻していくのですが現代の女性は骨盤周りの筋肉が弱っている人が多く、自然にはなかなか戻りにくくなっているといわれています。

ですから骨盤や股関節が不安定な状態で子育てをがんばっていると、不安定さを庇うために太ももの緊張が強くなり、骨盤や股関節をアンバランスに引っ張りはじめます。この無理な引っ張りによって骨盤や股関節に歪みが生じてしまいます。結果的にその負担が膝にかかって膝の痛みにつながって行くわけです。

 

 

 

③産後の何気ない座り方があなたの膝の痛みを悪化させている!?
産後の骨盤はユルユルで妊娠する前の数倍も歪みやすい状態です。ですので、妊娠前に何気なくしていた座り方のクセが産後は思いもよらないほど体を歪めていきます。それではついついやってしまいがちだけど「産後にさけたい座り方」をご紹介いたします。

女の子座り

横座り(通称:お姉さん座り)
女の子であれば、ものごころついたときには、無意識にこの座り方をしていた女性も多いのではないでしょうか。女性の場合は子供のころからスカートをはくので横座りで座る機会も多いと思います。しかしこの横座りですが、股関節の歪みから始まり
骨盤→膝や足首→背骨→顔の歪みにまで影響を及ぼします。ですので、産後に横座り(お姉さん座り)を毎日していると歪んだ状態で固定されていくのでこの横座り方だけはさけるべき座り方です。

 

ペタンコ座り
この座り方は特に股関節が内側に捻れます。この股関節の捻れ→骨盤が開く歪み→膝や足首の捻れ→膝の痛みにつながります。さらに骨盤が開くように歪むので内臓が下がってぽっこりお腹になりやすくなったり、さらに産後の尿漏れの原因になったりもします。但しこのペタンコ座りは座るときにクッションや座布団(なければバスタオルを折りたたんで)お尻の下に引くだけで、股関節の歪みが少なくすることができます。

 

 

まとめ

産後の膝の痛みの3つの原因はいかがでしたでしょうか?思った以上に普段何気なくおこなっている動作を続けることで最終的に膝の痛みとして現れてくることがご理解いただけたでしょうか?

「産後の膝の痛みが発生する原因は解ったけど、
じゃあ、膝の痛みはどんな対策をすればいいの?」

はい、その答えはとてもシンプルです。次回に産後の膝の痛みの対策をご紹介いたしますね。

 

 

 

 

10年も悩まされ続けた膝の痛みが施術4回目には気にならなくなりました!

中学生の時に部活動のテニスの練習中に膝を痛めてしまったHさん
その後、ずっと膝の痛みに悩まされ続けてきました。

骨盤王国に来店する前は他の治療院にも来店されたようですが
他の治療院では施術時に一時的に痛みがよくなるような
感覚はあっても、すぐに膝の痛みが戻ってしまっていたそうです。

この為、ジムへ通っても膝の痛みが気になり
トレーニングに集中できず、
いつも『もやもや』した気持ちになり
ストレスを感じておいでででした。

骨盤王国に来店する前も「今回もその場限りなのかな?」と
不安もあったそうですが

実際に骨盤王国に来店され、施術を受けた感想ですが
1回目はよくなる感じはしたそうですが、
膝の痛みはまた気になるレベルだったそうです。

しかし、施術された先生が今までの治療院と違って
しっかりと細かいところまで突っ込んで確認する姿勢に
もう少し通ってみようという気持ちになったそうです。

その後、2回目の施術後にはだいぶ膝の痛みが
よくなっていく実感がもてたとのことでした。

そして、3回目の施術後は膝の痛みが気にならなくなり
気がつけば、膝の痛みでイライラやもやもやすることが無くなっていたそうです。

そして、4回目の施術を受けるころには
膝の痛みから開放され、ジムも週4回通っても膝の痛みが気にならずに
活動的な毎日を過ごせているようになったと
お喜びの声をいただきました。

 

そんな、Hさんのお喜びのインタビュー動画はこちら
10年も悩まされ続けた膝の痛みがたった4回の施術で…

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

あなたがHさんと同じように昔痛めた膝の痛みで
毎日お悩みであれば、日本で一番喜びの声が集まる
骨盤王国へ一番最初に来店して下さい。

友人にもおすすめしたい骨盤王国です!(腰痛・膝の痛み・体の歪み)

fk

 

Fさん
体のお悩み:体のゆがみ

 

腰と膝の痛みがきっかけで、体のゆがみが気になりご来店されたFさん。
以前は、長時間歩くと腰に痛みがありましたが、現在は気にならなく
なりました!

また、体のゆがみも1ヶ月前と比べると変化が見られてきました。
先生のアドバイスのもと、ご自宅でもストレッチ等懸命にされています!

 

これからも、一緒にがんばっていきましょうね!

 

fk (2)

 

 

Fさんのように体のゆがみでお悩みの方は
ぜひお任せ下さい!!!!

自分の体とは思えないほど良く成りました!(腰痛 膝の痛み)

私は始めはひざやこしのいたみなどで歩くのも大変でした。今日で5回目ですがもう今迄の自分の体とは思えないほど良く成りました。もっと早くこの先生に出逢えてたら良かったと思います。もっともっと良く成った所はありますが思ふように書けません。ありがとう御座居ました。

 

私は始めはひざやこしのいたみなどで歩くのも大変でした。

今日で5回目ですがもう今迄の自分の体とは思えないほど良く成りました。

もっと早くこの先生に出逢えてたら良かったと思います。

もっともっと良く成った所はありますが思ふように書けません。

ありがとう御座居ました。

 

腰痛,膝の痛み,福岡,整体

困ったときの駆け込み寺になりそうです。

数年前から悩み続けた症状ですが、たった一度の 治療で殆ど改善し、仕事にも全く支障なく楽になりました。 説明も施術も丁寧で安心感がありました。 困ったときの駆け込み寺になりそうです
施術前の症状
①首の痛みがあり左側に倒せない
後にも痛くて倒せないので、うがいが出来なかったり
ペットボトルが最後まで飲み干せない

②左の肩に痛みがあり腕を上に真っすぐ伸ばせない。

③背筋を伸ばした良い姿勢で一分間も座れない

④長時間座っていると股関節が固まったようになり
痛くて最初の一歩目をスムーズに踏み出せない

⑤階段を上がる時、ひざに時々変な痛みが出る

⑥手首に痛みがあり、タオルを絞る時に辛い

上記は数年前から悩み続けた症状ですが、たった一度の治療で
殆ど改善し、仕事にも全く支障なく楽になりました。
説明も施術も丁寧で安心感がありました。
困ったときの駆け込み寺になりそうです。

 

エステティシャン

首の痛み,肩の痛み,姿勢改善,股関節の痛み,膝の痛み,手首の痛み,福岡,整体