タグ別アーカイブ: 福岡・骨盤・ぎっくり腰

3つ以上当てはまると危険!? ある食材を食べることで腰痛が改善!

「朝から腰が痛くて気分が滅入る」「デスクワーク中に腰が痛くて座り方を変えているけどしっくりこない」など忙しいビジネスマンに蔓延している腰痛。

 

湿布やコルセットをしてみたけどすっきりしないし、いつまでもこれに頼っていても治るわけでもないし、整骨院や整体でもすぐに戻ってしまう。このまま一生この腰痛と付き合っていかないといけないのかと思っているのではないでしょうか?

 

今回は腰痛といっても様々な原因がありますが、実は内臓と腰痛は密接に関係しているということをご紹介いたします。また、どんなものが内臓の状態を改善し、腰痛改善に導くのかの食材をご紹介します。

 

冷たい食べ物と糖質は腰痛を悪化させる!?

 

私の経験ですが、

私はアイスが大好きで、夜に毎日アイスを食べていました。

次の日に体は重く、腰痛がなかなか良くならず、

色々な治療に行っていたのですが、まさかアイスが原因とは思わず、

 

「腰痛とアイスは関係ない!」と思っていました。

しかし整体院からのアドバイスで、夜にアイスを辞めたら、

なんと腰痛はなくなりびっくりです、そこから食事について勉強しました。

 

私は糖分の高いものを摂取することにより、

内臓に負担をかけ、自身で体の歪みを作っていることを教えていただきました。

 

内臓疲労から腰痛になる過程は?

 

 

あなたの腰痛内臓の疲れかもしれません、

内臓が疲れると内臓が固くなり、前かがみの姿勢でゆがみが生じ、体のバランスが崩れます。

結果姿勢が崩れ、腰に負担がかかり腰痛になります。

まず内臓疲労チェックをご確認ください。

 

以下の症状に3つ以上チェックで、内臓疲労からの腰痛の可能性大!!

 

寝付きが悪く寝ても朝疲れが取れない

 

胃腸の不調(便秘や下痢)が続く

 

風邪を引きやすい免疫力の低下

 

ニキビや吹き出物がでやすい

 

胃もたれや食欲不振がある

 

冷たい物、辛い物、甘い物、炭酸など刺激物を好んで口にしている

 

唇にできものや、口内炎になりやすい

 

全身の倦怠感や集中力の低下がある

 

体がむくみやすい

 

頭や体が重く動きたくない

 

当てはまった数が多いほど内臓疲労が溜まっている可能性があります。

1~2個 内臓疲労からの腰痛予備軍

3~5個 内臓疲労からの腰痛の可能性が高い

6~8個 内臓疲労からの腰痛の可能性大

8~10個 内臓疲労からの、ぎっくり腰になる可能性あり

お勧めの内臓疲労の回復の食材を紹介いたします。

 

鶏むね肉
疲労回復効果にはイミダゾールジペプチドという栄養素が関係しております。

鶏むね肉は多く含んでいます。特に渡り鳥イミダゾールジペプチドが多いそうです。

鶏ムネ肉は、脂肪の多い皮を取り除くと、牛や豚のヒレ肉なみになる低脂肪・高栄養

のヘルシーな食べ物です、たんぱく質も他のお肉より体内に吸収しやすいです。

・豚もも肉
豚肉には、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、健康に生活するために必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。炭水化物や脂質を、エネルギーに変えるためのビタミンB群が豊富に含んでいます。
ビタミンB群疲労をためこまないように働きます。

・めかぶ(私は特にお勧めです)

めかぶのネバネバ成分は、フコイダンアルギン酸があります。フコダイン免疫アップ効果や抗ウィルス効果などがあり、近年注目されている栄養素です。

フコイダンはつねに体内を監視し、ガン細胞やウィルスに感染した細胞を攻撃するNK細胞を活性化させる働きがあります。

アルギン酸には、一酸化炭素を体内で作る出す働きがあります。一酸化窒素には血管を拡張させる働きがあり、その働きのおかげで血流がスムーズになります。

 

 

 

 

 

 

 

・グァバ、赤トマト、すいか、パプリカ

リコピンと呼ばれる成分も疲労回復にはピッタリです。

リコピンには強い抗酸化作用があるため、疲労の原因となる活性酸素を防ぐことができます。

疲労を回復する効果もあるので、疲れを感じている時には最適な成分です。

特に多く入っているのが、赤トマトです。

 

以上が内臓疲労にオススメの食材です。

栄養素が高くても、とりすぎは良くありません、

これらを含めてバランスの良い食事を心がけてください。

 

まとめ

 

腰痛のある方は食事を見つめなおすことで腰痛は軽減されるので、時間のない方でも、食事だけを気を付けることは可能だと思います。自分の努力で簡単で、施術代もかからずお財布にも優しく、健康になれるので、是非私の紹介した食材を試してみてください。

ギックリ腰にならない予防方法!!自分で簡単方法。

そもそもぎっくり腰とは?

急性腰痛症突然腰部に腰痛が走る疾患で、
関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状を言います。

欧米では魔女の一撃と言われているほど、恐ろしく痛いのです。

しかし今回私は、原因不明のぎっくり腰について、お伝えしていきます

原因不明のぎっくり腰とは?

 皆さんは原因不明のぎっくり腰のご経験はありませんか?
重いものを持った、くしゃみで腰に負担がかかった、それ以外で原因がはっきりしないぎっくり腰のご経験はありませんか?私はあります。前かがみになっただけで、突然の痛みで2週間以上痛みが引かなかったです。このように原因がはっきりしないぎっくり腰の原因をお知らせします。

内臓疲労で循環が悪くなりぎっくり腰になります。

健康な方は疲れても、ご飯を食べて寝れば1日で疲労はとれます。しかし疲れが取れない方は、内臓の働きの低下、血液の循環不良が起きています。

腰痛は外側の筋肉や骨の痛みと思い、一見すると何の関係もなさそうにも感じますが、実は思っている以上に密接に関係しています。

まず人体の優先順位から考えると、一番守らなければいけないのがで、次が内臓です。
内臓はいわば生命維持装置なので、筋肉や骨にはそれを守るという重要な役割があります。

その内臓が弱ると、まず背中側の筋肉が引っ張られます。筋肉はほとんどが対になっており、互いを筋肉を引っ張り合いながら支えていますから、お腹側の筋肉が固くなり始めると、それにつられるように背中側の筋肉も固くなり始めます。

その結果、腰の筋肉に負担がかかり続けている状態になってしまいます。

 

それでは内臓の疲るとどんなことが起きるか?

■食欲不振

内臓の機能が弱くなることでおこり、特に消化機能が低下してしまうことでおこります。

■肌荒れ

内臓疲労は、ホルモン分泌に異常をきたすこととなり、皮脂の過剰分泌などホルモンバランスが崩れ、ニキビやカサカサ肌の原因になります。

免疫力の低下

内臓の働き、循環が悪くなると、体の良くなろうとする治癒力が低下します。その結果免疫力が低下して、風邪やヘルペスや口内炎などにもなりやすくなります。

倦怠

体がだるくすぐに疲れてやる気がでない症状です。

以上の症状がある方は、内臓が疲れ、ぎっくり腰になるかも知れません。

 

ぎっくり腰にならないための内臓疲労回復方法

 

食事、運動、睡眠

今回は食事についてお伝えしていきます。
バランスの良い食事を意識すると、内臓疲労回復に欠かせないビタミンミネラルなどの消化吸収を改善させることが期待できます。体調に合わせて消化吸収の良いものを選び、よく噛んで食べましょう。

3大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)は皆さんご存知だと思うので、3大栄養素に重要なビタミンについて紹介します。

なぜビタミンなのかは、ビタミンもたくさんありますが、ビタミンは他の栄養素がうまく働くために機械の潤滑油のように働いています。ビタミンの必要な量は少ないのですが、体の中でほとんどつくることができないので、食べ物からとることが必要です。体で作れるのはビタミンDのみともいわれています。

ビタミンには、水に溶ける水溶性ビタミンと、油脂に溶ける脂溶性ビタミンがあり、それぞれの性質から体への取り込まれ方や代謝に特徴があります。水溶性ビタミンは尿などから体の外へ排泄されやすく、脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されやすいため、これをふまえておくと、水溶性ビタミンは少量を頻回とるとよいこと、脂溶性ビタミンは油といっしょにとると吸収がよくなります。

以下は体に負担が少なく摂取できるビタミンと代表野菜です。

野菜は皆さんご存知のように、胃腸の負担が少ないです。
販売食品は添加物防腐剤など入っていて、今や添加物なしの商品はなかなか目にしません。あえて健康のため、野菜のみのチョイスにいたしました。ご参考下さい。

脂溶性ビタミン

ビタミンA:大葉(青じそ)モロヘイヤ にんじん

ビタミンD:きくらげ しめじ しいたけ

ビタミンE:らっかせい モロヘイヤ かぼちゃ

ビタミンK:パセリ モロヘイヤ あしたば バジル

水溶性ビタミン

 ビタミンB1:らっかせい ひらたけ グリンピース

ビタミンB2:ほんしめじ まいたけ モロヘイヤ

ビタミンB3(ナイアシン):ひらたけ らっかせい まいたけ エリンギ

ビタミンB5(パントテン酸):とうがらし ぜんまい モロヘイヤ

ビタミンB6(ピリドキシン):ニンニク とうがらし モトヘイヤ

ビタミンB7(ピオチン):白きくらげ きくらげ マイタケ

ビタミンB9(葉酸):ほうれん草 からし菜 枝豆

ビタミンB12:しじみ あゆ 赤貝 (ビタミンB12のみ野菜からとれません)

ビタミンC:ピーマン にがうり ブロッコリー

以上の野菜をバランスとることにより3大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)の吸収と働きをアップさせ、内臓が元気になり循環がアップし、治癒力を高め、ぎっくり腰になりにくくなります。