予約フォームはこちら!!

福岡天神 坐骨神経痛の改善

【座骨神経痛とは】
坐骨という人体の中で最も太い神経が腰からお尻へと走っており、この神経が通る道沿いに痛みが発生することを、坐骨神経痛といいます。
坐骨神経が圧迫されて刺激を受けることにより、腰や臀部、太股、ふくらはぎ、足先にするどく電気が走ったような痛みやピリピリとしたしびれ、強く張っている感じなどの症状が出ます。

初期段階では、湿布薬を張る程度で改善します。
そのため、ついつい軽く捉えてしまう方も多いようです。
しかし、症状は繰り返されるようになり、このようなひどい症状へと発展してしまうこともあります。

・痛くて歩けない
・椅子から立ちあがることができない
・立っていることができない
・座っていても痛い
・寝ていても痛い
・排泄が上手くできなくなる

このような、重篤な状態にもなってしまうことがあります。
生活習慣に大きな支障を与えてしまうので、そうなる前にケアして改善していくことが大事となります。

坐骨神経痛はメジャーな症状ですが、病気というよりも坐骨神経に症状が出ている総称を指します。
坐骨神経はお尻から足底までつながっている神経であり、とても長い神経です。
そのため、発生する症状も人により様々です。
お尻から太ももに症状が多く出る人もいれば、ひざ裏やもっと下の部分に症状が出る人もいます。

坐骨神経痛の原因も、人により様々です。
このような原因で、坐骨神経痛を発症してしまいます。

・運動のし過ぎ
・デスクワークばかりで運動不足
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症

このように、多様なケースがあります。

これらの原因の中で、最も注意したのが椎間板ヘルニアです。
坐骨神経痛の中で、年齢を問わず多くみられる原因といえば、腰部の椎間板ヘルニアです。
椎間板は骨と骨の間にあるクッションのようなものであり、何らかの原因によって椎間板がつぶれてしまい、神経を刺激させてしまうことで痛みが発生してしまいます。
椎間板ヘルニアは若い人でもなるので、若い人でも坐骨神経痛になってしまう人がいます。

中高年に多いのが、脊柱管狭窄症による原因です。
脊柱管というのは背骨の中にある神経の通り道の管であり、加齢などにより脊柱管が圧迫されてしまい神経を刺激してしまうことで、坐骨神経痛の痛みを発しやすくしてしまいます。

このような症状がある場合は、坐骨神経痛の可能性が考えられます。

・腰痛がなかなか治らなく、臀部にも影響が出ている
・お尻から足にかけて、痛みやしびれが発症する
・体を動かすことで痛みやしびれが悪化する
・前や後ろにかがむと痛みがしびれが出る
・脚の痛みやしびれがあって夜眠れない
・脚に力が入りにくい
・脚の動作に支障がある
・下半身の筋肉の太さに左右差がある
・脚や臀部が痛くてしびれて辛い
・脚に触れると、感覚が鈍い感じがする

これらの症状は、一見神経痛と思われがちな症状です。
しかし、これらは坐骨神経痛の可能性が考えられます。
これらのいくつかの症状がある場合は、坐骨神経痛を疑いましょう。

少しでもおかしいと思ったら、専門医に診てもらいましょう。
坐骨神経痛の診察は、レントゲンやMRIが主な診察方法となります。
所見で色々動かし症状を聞かれますので、細かく伝えるようにしましょう。
早期治療で改善しやすくなりますので、早めの診察と治療を受けることをオススメします。
症状があって3日以上改善しない場合は、即診察を受けましょう。

【坐骨神経痛は整骨院や接骨院での施術がオススメ】
坐骨神経痛のような神経の症状は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。
整骨院や接骨院は、神経関係の改善のスペシャリストです。
そのため、スムーズな改善が期待できます。

病院で坐骨神経痛の症状が改善せず困っている場合は、整骨院や接骨院での施術を受けてみると良いでしょう。

整骨院や接骨院での施術は、膝や股関節、骨盤、仙腸関節の状態を整えて、坐骨神経痛の症状を改善へとみちびいていきます。
正常な状態へとみちびいていき、症状を軽減、改善へとみちびいていきます。

整骨院や接骨院での施術は、強い力を入れて施術を行うことは一切ありません。
程良い程度の力で施術していくので、気持ちよく施術を受けることができます。
ボキボキされるのではないかと怖がっている人もいるようですが、そのようなことは一切ありませんので、安心して受けることができますよ。

【坐骨神経痛の生活改善ケア】
坐骨神経痛の改善は、セルフケアも含めて行うと効果的です。
坐骨神経痛生活改善のケアを、ご紹介していきます。

・重たいものは持たない
重たいものを持つと、坐骨神経に大きな負担を掛けてしまいます。
重たいものは持たないようにし、誰かに持ってもらうようにしましょう。
分けて持てる物は、分けて持つようにしましょう。

・長い時間同じ姿勢を取らない
長い時間の同じ姿勢は、坐骨神経痛に大きな負担をかけてしまいます。
1時間に1回は休憩を取るようにして、インターバルを設けるようにしましょう。
椅子に座っている場合は立ち上がって、軽く運動をすると良いでしょう。

・ストレッチを行う
ストレッチを行うことで、椎間板や脊柱管への負担を軽くすることができます。
背骨や筋肉をゆっくり動かすようにして、筋肉をほぐすようなストレッチを行いましょう。
激しいストレッチは、坐骨神経痛に負担を掛けてしまいます。
あくまで軽いストレッチを、行うようにしましょう。

・肥満の改善
体重の多さは、坐骨神経に大きな負担を掛けてしまいます。
身長に見合った体重とし、体重が多い場合はダイエットをしましょう。
先程ストレッチの話をかきましたが、ストレッチを行って緩やかにダイエットへとみちびきましょう。

・患部を温める
患部を温めることで、坐骨神経痛の症状改善へとみちびくことができます。
薄着はせず、湯船に入って体を温めるようにしましょう。
温浴は血流を良くすることができるので、坐骨神経痛改善が期待できます。
ホットパックなども使って、常に冷やさないように心がけましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ