予約フォームはこちら!!

福岡天神 40肩50肩の症状

【40肩50肩とは】
中高年者がなってしまう肩の痛みの中で、最も多いのが40肩50肩です。
40肩50肩は、多くの場合時間の経過と共に改善していきます。
しかし、対処方法を間違えると悪化してしまい、障害が残ってしまうこともあります。
放置してはいけない肩の痛みですので、軽く捉えないようにしましょう。

40肩50肩とは、医学的に「肩関節周囲炎」と呼ばれている症状です。
40,50と数字が入っていますが、一般的に発症する年齢が違うというだけで、症状は同じです。
40代から発症することが多いので、このような名称が付いています。

40肩50肩は、このような症状を発してしまいます。

・急性期
急性期は、激しい痛みを発する時期です。
ある日突然、腕を動かした際に鋭い痛みが肩に発生します。
ほとんどの場合、片側の肩のみに発生します。
その後、肩を動かすたびに痛みが二の腕や手の先に伝わっていくようになり、シビレを発生することもあります。
ほとんどの場合、数日間で痛みなどの症状は治まっていきます。

・慢性期
急性期の痛みが治まってかラ鋭い痛みへと変化していくと、慢性期の状態となります。
肩を動かすことができる範囲が狭まっていき、肩を上げたり後ろに動かす動きが困難になっていきます。
強い痛みがあるので動かさないようになっていくと、肩の筋肉を動かさないことで曽々木の癒着が発生してしまい、さらに肩が動かしにくくなってしまいます。

【40肩50肩の原因】
40肩50肩の発生の原因は、未だハッキリしていません。
加齢によって肩の関節や筋肉、肩の周辺組織が固くなったり縮んだことにより、炎症や痛みが発生しているのではと考えられています。
それらの直接要因に加えて、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化などの関節要因が重なることで、発症となってしまうといわれています。

40肩50肩が発生しやすい人は、文字通り40歳以上に多くいます。
しかし、近年は30代でも発症することがあるので、注意が必要です。
男女の差はなく、男女どちらでも発症しやすい傾向があります。
左右の発生率についても違いはなく、利き手だから発症しやすいとうこともありません。
若い時にスポーツなどにより肩を酷使して、肩を痛めたことがある人は発症しやすい傾向があるようです。
猫背になりやすい姿勢の良くない人も、リスクが高いと言われています。
また、寝不足や偏った食事などの不規則な生活習慣を送っている人も、40肩50肩が発症しやすいと言われています。

【肩こりと40肩50肩の違い】
肩が痛くなった場合、肩こりなのか40肩50肩かわからない場合があります。
気になる人は、以下のセルフチェック方法を行ってみましょう。

・両方の腕を前から耳の後ろまで真っすぐ上げてみる
・両方の腕を腰に回す
・両方の腕会を頭の後ろの回す

これらの動作を行った際に痛みを感じる、腕を回すことができないなどの弊害が出る場合は、40肩50肩が疑えます。

【40肩50肩になった時の対処方法】
40肩50肩になったら、このような対処方法を取ってみましょう。

・急性期の場合
急に激しい肩の痛みとなった場合、安静にすることが大事となります。
無理に肩を動かすと良くないので、安静にしましょう。
痛みが強い場合は、市販の鎮痛薬を飲むと良いでしょう。
気になる場合は、専門医に診てもらうようにしましょう。

・慢性期の場合
発症してから数日経っても症状が治まらない慢性期の場合は、日常生活の動作を行うように心がけましょう。
肩を冷やさないことが大事であり、湯船に浸かったりカイロや温湿布などで温めて、肩を冷やさないようにしましょう。
寝ている時は体が冷えやすいので、肩が布団からはみ出ないように工夫をしましょう。

【気になる場合は専門医で診てもらおう】
肩の痛みが気になる場合は、専門医に1度診てもらいましょう。

整形外科での診察は、腕を動かしてどのような症状が出ているのかを調べます。
また、レントゲンやMRIでどのような状態になっているのかも確認していきます。

整形外科などの病院では、痛み止めなどの内服薬で改善へとみちびき、痛みが強い場合は注射薬で痛みをやわらげます。
40肩50肩は激しい痛みがでることがあるので、その場合は麻酔薬で痛みを止めることもできます。

ただし、整形外科での治療は、痛み止めの薬が大半なので、効果を得るまでには時間がかかってしまいます。
症状を早く改善させたい場合は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。
整骨院や接骨院での施術は、40肩50肩の症状が出ている部分にピンポイントで施術を行うので、速やかな改善へとみちびくことができます。
辛い40肩50肩の方でも、すぐに症状が改善したという声も多く挙がっています。
肩の症状は整骨院や接骨院での施術が効果を発揮するので、オススメです。

【40肩50肩の対処方法】

40肩50肩は、このような対処方法で改善へとみちびいてみましょう。

・振り子運動
慢性期は、振り子運動が効果的です。
痛くない方の手で机にもたれかかり、ペットボトルやアイロンなどの500g~1kgの重さを痛い方の手に持って、腰をかがめて左右にゆっくり振ります。
手に持った重みの影響で、肩のまわりの腱が伸びて症状が楽になっていきます。

・寝るときの姿勢を改善する
枕の影響により、40肩50肩の症状を改善へとみちびくことができます。
枕は首が自然なカーブとなるような高さとし、高すぎないようにしましょう。

・肩に負担がかからない洋服にする
かぶるシャツは脱いだり着る時に肩に負担をかけるので、体の前で開くものがオススメです。
着る時には痛い方の腕から袖を通すようにし、肩に負担をかけないようにしましょう。

・体を温める食事にする
体を温める食事にすると、体を温めることができるので、肩への負担を減らすことができます。
温かい食べ物を口にするようにし、冷たい食べ物や飲み物は避けるようにしましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ