予約フォームはこちら!!

福岡天神 股関節痛の可能性

【股関節痛とは】
股関節痛は、脚の付け根部分である股関節部分に痛みが発生する症状です。
股関節に痛みを起こす方は多く、全国で400~500万人いるといわれています。
意外と、多くの方が股関節痛に悩んでいることがわかります。
そのうちの大半が、変形性股関節症といわれています。

このような症状がある場合、股関節痛の可能性が考えられます。

・股関節の痛み
・股関節の違和感
・お尻の痛み
・太ももの痛み
・膝の痛み
・左右に揺れて歩いてしまう
・あぐらができない
・爪切りができない
・股関節の動きが悪い

このような症状がある場合は、股関節痛を疑いましょう。

股関節というのは、他の関節とは異なり、深い場所にあります。
筋肉やじん帯に囲まれているので、自覚症状が出にくい傾向があります。
そのため、症状が進行してから気付く場合も少なくありません。

股関節痛の中で最も多い症状は、脚のつけ根の痛みや違和感です。
お尻や太ももに症状が出る場合もあるので、股関節の病気を気付かない方も多くいます。

股関節痛の原因は、股間節の一部の発育不良といわれています。
股間節というのは、骨盤と大腿骨のつなぎ目部分の関節です。
大腿骨の先端を臼蓋が包み込む構造となっており、大腿骨の臼蓋の軟骨がすり減ってしまうことで、炎症を起こしたり骨が変形してしまうことで、発症するといわれています。
大腿骨の臼蓋がすり減ってしまう理由は、骨の形に異常がある場合が大半と言われています。
日本人に多い骨の異常に、臼蓋形成不全という症状があります。
骨盤の骨が大腿骨の頭を3分の2以上覆っているのが、正常となっています。
臼蓋が十分に発育していない臼蓋形成不全の場合は、大腿骨を覆っている部分が小さいので、通常より少ない軟骨の範囲のみで体重を支える状態となってしまいます。
そのため、負担が狭い部分に集中してしまい、軟骨の負担が大きくなってしまい、すり減ってしまいます。

軟骨というのは、一度すり減ってしまうと元に戻りません。
軟骨がなくなってしまう前に、適切な治療で軟骨のすり減りの進行を抑えないといけません。
少しでもおかしいと思ったら、早期に専門医の診察を受けて治療を受けるようにしましょう。
股関節は体の重さを受ける骨ですので、頼りなくなってしまうと体全体にダメージを与えてしまいます。
末永く元気に過ごすために、股関節を衰えさせないようにしましょう。

股関節痛の診察は、整形外科で受けます。
問診や視診、触診、レントゲン、CT、MRIなどで診察を行います。
この中で最も重要となるのが、レントゲンです。
骨の形の異常や軟骨の状態などを確認できるので、股関節痛の進行状態の確認ができます。
レントゲンで分からない部分は、MRIやCTで確認をします。

【股関節痛の改善方法】
股関節痛は、このような治療方法で改善へとみちびきます。

・薬物療法
股関節の炎症を抑えて、痛みを取り除きます。
内服薬や湿布、塗り薬、など、症状に合わせて服用します。

・注射療法
痛みの症状がひどい場合は、注射療法で緩和させます。
強い痛みでも、注射により楽になります。

・運動療法
痛みが弱まっている場合、低下してしまった筋肉や関節、神経の機能回復へとするために、運動を行っていきます。
股間節周りの筋力を強くすることで、股関節への負担を軽減させて、痛みを取り除くことができます。
生活習慣病や高齢者の転倒や骨折、寝たきりの予防にも効果的です。
ストレッチや、プールでの水中運動、散歩、ウォーキング、自転車などが、効果的です。

・手術療法
保存療法で改善しない場合、手術療法を行っていきます。
人工関節置換術や骨切り術、関節固定術などを行い、改善へとみちびいていきます。

【日常生活での改善ポイント】
日常生活では、このようなことに気を付けて生活していくようにしましょう。

・杖の仕様
股関節が痛い場合、股関節に体重をしっかりかけることができず、体が左右に揺れてしまうことで不安定になってしまいます。
片足ばかりに負担をかけると大きな負担となってしまうので、杖を使って股関節への負担を軽くしましょう。
杖を使うことで、本来2本で体重を支えるのを3本で支えることができるので、股関節に負担をかけにくくすることができます。
杖は様々な種類があるので、専門医に相談してみると良いでしょう。

・太らない
太ると、股関節に大きな負担を与えてしまいます。
身長に見合った体重とし、太っている場合は痩せる努力をしましょう。
食事療法と運動を併用して、負担にならないように痩せていきましょう。
極端なダイエットは股間節に負担を掛けてしまいますので、よくありません。

・長い距離を歩いたり走らない
長い距離を走ったり歩くと、股関節に大きな負担がかかってしまいます。

・重い物を持って歩かない
重い物を持って歩くと、股関節に大きな負担を掛けてしまいます。
重い物は、車など他の物を使って移動させるようにしましょう。

・床に座らず椅子を使う
床に座ると、股関節に大きな負担を掛けてしまいます。
なるべく椅子を使うようにし、床には座らないようにしましょう。

・トイレは洋式トイレ
洋式トイレは、股関節にあまり負担をかけないので、オススメです。
和式トイレは股関節に負担を掛けてしまうので、オススメできません。

・入浴の際は椅子を使おう
入浴の際は、床に直接座ると股関節に大きな負担を掛けてしまいます。
椅子を極力使うようにして、床に直接座らないようにしましょう。
椅子は足の長いものにして、股関節に負担を掛けない物がオススメです。
また、湯船の中でも椅子を使うことで、股関節への負担を軽減させることができます。

・布団ではなくベッドを使う
布団は、横になったり立ち上がる際に、股関節に負担を掛けてしまいます。
ベッドに寝ることで、股関節の負担を軽減させることができます。

・栄養のある食事を摂取する
栄養のある食事で、股関節への負担をやわらげることができます。
多量のアルコールやカフェインは良くありませんので、控えましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ
kotsuban-kingdom.com/**