予約フォームはこちら!!

福岡天神 変形性膝関節症の予防方法

【変形性膝関節症とは】
膝の悩みというのは、全国で約800万人いるといわれています。
それらの膝痛の大半は、変形性膝関節症によるものと言われています。
一般的には、50歳以上の中高年の女性に多く発症する傾向があります。
高齢者の女性は筋肉が少ないので、ひざへの負担が強くなってしまうことで、発症しやすくなってしまうからです。
また、閉経があることで骨密度がモロくなってしまい、症状を発症してしまうことも考えられます。

変形性膝関節症とは、膝の関節部分の軟骨の質が低下してしまい、少しずつ減ってしまうことで、歩行時に膝の痛みが発生してしまう症状です。

変形性膝関節症の初期症状は、このような症状を発してしまいます。

・平地では歩行が可能でも階段では膝が痛く困ってしまう
・歩行の際はひざの痛みがなくても、正座は膝が痛くてできない

このような症状は、変形性膝関節症の初期の大きな特徴です。

次第に変形性膝関節症の症状が進んでいくと、次第にO脚が進んでいきます。
階段だけではなく平地の歩行も支障をきたすようになり、歩くことが大変になっていきます。
日常生活で負担が出ている場合は、かなり変形性膝関節症の症状が進んでいる証拠となります。

変形性膝関節症の原因は、これらが挙げられます。

・関節軟骨の老化
・肥満
・遺伝子
・骨折
・じん帯の損傷
・半月板損傷
・化膿性関節炎の感染の後遺症
・骨密度の減少
・ホルモンの減少

近年の研究では、メタボリックシンドロームが変形性膝関節症と大きなかかわりがあることを明らかにしています。

変形性膝関節症は、進行していくと厄介な状態へと進んでいきます。
少しでもおかしいなと思ったら、整形外科で受診するようにしましょう。
変形性膝関節症の診察は、問診とレントゲン、MRIで診断します。
症状がMRIに写りにくいことがあり、変形性膝関節症に詳しくない病院の場合は症状に気付かない場合もあります。
そのため、腕の良い病院で診察してもらうことをオススメします。

私達は、近年どんどん寿命が長くなってきており、平均90差は生きると言われています。
そのため、膝を動かせるようにしておくことは、とても大事なこととなります。
長くアクティブに生きていくためにも、膝をしっかりと動かせるようにしておきましょう。

【変形性膝関節症の治療方法】
変形性膝関節症の治療は、このような方法で行っていきます。

・安静
症状が軽い場合は、安静で症状改善へとみちびくことができます。
軽度の場合は、安静だけで1日で改善へとみちびくことができます。

・薬物療法
痛みがある場合は、痛み止めなどの薬物療法を行っていきます。
飲み薬や外用薬を併用して、症状改善へとみちびきます。

・注射療法
ヒアルロン酸などの注射を行い、潤滑成分として軟骨の表面の保護をすることができます。
ヒアルロン注射は、頻度が高く多く用いられており、高い改善が期待できます。
また、ステロイドなどの注射を行うことで、膝の症状を抑えます。
膝に強い痛みが出ている場合でも、注射で痛みを抑えることができます。

・温熱療法
血行を良くして膝を温めることで、症状改善へとみちびきます。
強い症状でも、楽になることができます。

・装具療法
足底板や膝装具を使って、症状改善へとみちびきます。
膝への負担がなくなっていくので、徐々に楽になって行きます。

・運動療法
痛みが出てしまう悪循環改善のために、運動療法で筋力を高めて痛みを改善していきます。
足上げ体操や横上げ体操など、簡単な運動で筋力化としていきます。

・手術療法
保存療法で改善しない場合は、手術療法を検討します。
内視鏡を使った手術で、軽度な手術とすることもできます。

【変形性膝関節症は整骨院や接骨院での施術もオススメ】
変形性膝関節症のような神経的な痛みは、整骨院や接骨院での施術が適しています。
鍼灸治療により痛みを取り除いて、血行改善して症状改善へとみちびきます。
また、マッサージもおこない、硬くなってしまった筋肉を効果的にほぐして、関節への負担を軽くさせます。

さらに、自己回復力や免疫力、自然治癒力を高めることで、痛くなりにくい状態へとみちびくことができます。
ひどい変形性膝関節症の痛みも、改善が期待できますよ。

病院での変形性膝関節症の治療は、薬物療法が主な治療方法です。
じんわりとした効果しか発揮しませんので、治らないのでは?と気になる人もいると思います。

整骨院や接骨院での施術は、症状が発生している部分にピンポイントで治療を行います。
そのため、改善しやすく症状の早期緩和へとみちびくことができます。

【変形性膝関節症の予防方法】
変形性膝関節症は、日常生活の中で予防を行うことができます。
これらの予防方法で、変形性膝関節症になりにくい状態へとみちびきましょう。

・太ももの前の筋肉を鍛える
太股の前の大体四頭筋を鍛えることで、変形性膝関節症になりにくい状態とすることができます。
家でできることでいいので、毎日ストレッチをして大腿四頭筋を鍛えましょう。

・正座をしない
正座は、変形性膝関節症へとみちびいてしまいます。
正座はせず、足を伸ばして座るなどの、膝に負担を掛けない座り方をしましょう。

・減量
体重の重さは、膝に大きな負担を掛けてしまいます。
体重が重い場合は、減量しましょう。
極端な原料の場合は膝まわりの筋肉も無くなってしまうので、少しずつ痩せるようにしましょう。

・膝を冷やさない
膝を冷やすと、変形性膝関節症になりやすくなってしまいます。
薄着をせず、膝を冷やさないようにしましょう。
入浴は湯船に浸かるようにし、クーラーの使い過ぎも控えましょう。

・洋式トイレを使う
洋式トイレはひざへの負担が少ないので、オススメです。
和式トイレはひざへの負担がとても大きいので、避けるようにしましょう。

・体を冷やさない食事
膝を冷やさないためには、体を冷やさない食事も非常に大事となります。
冷たい物は避け、温かい物を口にするようにしましょう。
水も、常温にして飲むことをオススメします。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ
kotsuban-kingdom.com/**