予約フォームはこちら!!

福岡天神 腰椎すべり症の治療

【腰椎すべり症とは】
腰椎すべり症というのは、積み木のように連なっている腰痛が、前の方に滑り出してしまうことで、様々な症状を引き起こしてしまう症状です。
腰椎すべり症には、このような2つの種類があります。

・腰椎分離すべり症
背骨の本体の椎体と後ろ側で関節を構成している椎弓が、分離してしまった状態です。
分離された状態で放置してしまうと、分離してしまった腰椎の安定性がなくなってしまうので、上下の骨にズレが発生してしまいます。

・腰椎変性すべり症
腰椎変性すべり症は、明らかな原因は不明といわれています。
多くの場合は、加齢と共に椎間板やじん帯、関節などの腰椎を固定している組織が変性してしまい、それに伴い腰椎の安定性が失われてしまい、腰椎にズレが発生してしまいます。
加齢や長時間の負荷により腰椎が変性した場合を、指します。
分離すべり症に対し、高齢で発症する場合が多くあります。

腰椎すべり症は、腰痛と坐骨神経痛を発症します。
すべり具合が強度になっていくと、腰椎の後ろの方を走っている脊髄神経が圧迫されてしまい、下半身に痛みやしびれが発生します。
長い距離を歩くと痛みやしびれが発生してしまい、屈むと楽になる間欠跛行が発生する場合もあります。
分離すべり症も変性すべり症も脊髄神経の圧迫が原因となっているので、発生する症状に大きな変化はありません。
腰痛や間欠跛行がある場合は、腰椎すべり症を疑うと良いでしょう。

【腰椎すべり症の原因】
腰椎すべり症は、このような原因で発症してしまいます。

・先天性
生まれつき持っている症状により、発症してしまう原因です。
生まれつき腰が弱い場合、発症してしまうこともあります。

・後天性
子供の頃からのスポーツによる負荷、尻もちなどの負荷、椎間板の変性、不良姿勢、肥満などがあります。

このように、腰に何らかの負荷が加わっている方に、発症しやすい症状です。

【腰椎すべり症の治療】
腰椎すべり症は、このような治療を行っていきます。

・安静
腰にかかった負担により筋肉や関節部分で炎症が起きて発症するので、腰にかかる負荷を取り除くことが大事となります。
安静にして、アクティブに動かないようにしましょう。

・筋力訓練
腰回りの筋肉を鍛えることで、症状再発予防を期待することができます。
腰回りの筋肉を強化して、痛みが発生しない状態へとみちびきましょう。

・装具療法
局所を安静をキープするために、コルセットなどを使って早期の回復を期待します。
適したコルセットは、専門医に相談をして使うようにしましょう。

・薬物療法
鎮痛を目的とし、非ステロイド系抗炎症薬を投薬します。
また、痛みにより緊張してしまった筋肉を緩ませるために、筋弛緩薬を使うこともあります。
場合によっては、湿布などの外用薬を使うこともあります。

・温熱療法
温熱療法で血流を良くすることで、局所の改善を期待することができます。
かなりつらい症状でも、血流改善で楽になることができます。

・神経ブロック療法
発痛点に局所麻酔や抗炎症薬を使うことで、症状改善へとみちびく方法です。
トリガーポイントをブロックすることで、交感神経の異常な興奮を抑えることができ、痛みが緩和されていきます。
強い症状が出ている場合でも、楽になります。

・手術療法
保存療法で改善しない場合、手術療法で改善へとみちびきます。
現在ある神経症状の改善とし、今後の予防へとみちびきます。
入院の目安は10日程度であり、短期間での入院とすることができます。

【整骨院や接骨院での施術】
腰椎すべり症は、整骨院や接骨院での施術も効果的です。
腰椎すべり症は、仙骨を調整して腰椎すべり症の症状改善へとみちびきます。
また、関節の調整に加えて腰や臀部などの筋肉の調整も行い、症状改善へとみちびきます。
このような神経の症状は、整骨院や接骨院が得意としている施術です。
高い施術効果を発揮しますので、症状が落ち着いていきます。

整骨院や接骨院での施術は、ボキボキと力任せに行って痛いと思っている人もいるようです。
しかし、整骨院や接骨院での施術は、そのような力任せの施術は行いません。
程よい力で施術していくので、全く痛みはありません。
気持ちがいい程度の力を掛けて施術を行っていくので、快適に受けることができます。
お子さんでも快適に受けることができるので、オススメです。

【腰椎すべり症の予防方法】
腰椎すべり症は、予防をすることで腰椎すべり症になりにくくすることができます。
このような予防方法で、再発を防ぎましょう。

・長時間同じ姿勢を取らない
長時間同じ姿勢を取っていると、腰に負担がかかってしまいます。
長時間同じ姿勢を取る場合は、1時間に1回は休むようにしましょう。
長時間の運転などにより、再発してしまう人が多くいます。

・コルセットなどのベルトの着用
コルセットなどのベルトの着用は、腰への負担を軽減させることができます。
不安な場合は、コルセットなどのベルトを着用するようにしましょう。
物を持つ時など、腰に負担を掛ける時には着用して保護しましょう。

・重い物を持ち上げない
重い物を持ち上げると、腰に大きな負担をなってしまいます。
重い物は分けて持つようにし、一気に持たないようにしましょう。
できれば、誰か他の人に頼むようにして、極力持たないことをオススメします。

・腰に負担をかけるスポーツを行わない
腰に負担をかけるスポーツは、行わないようにしましょう。
腰椎すべり症を発症させたくない場合は、スポーツを行わないことをオススメします。
スポーツをしたい場合は、腰に負担をかけにくいスポーツを行うことをオススメします。

・肥満の改善
肥満は、腰に大きな負担を掛けてしまいます。
身長に見合った体重とし、肥満を改善させましょう。
極端なダイエットは、腰に大きな負担をかけてしまいます。
そのため、少しずつ響くダイエットとするようにしましょう。
1か月に1~2kg痩せるダイエットが、理想です。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ