予約フォームはこちら!!

福岡天神 脊柱管狭窄症の改善

【脊柱管狭窄症とは】
脊柱管狭窄症とは、神経が入っている脊柱管という管が、何らかの影響により狭くなってしまい、痛みやしびれなどの症状が出ている状態です。
これらの原因により脊柱管が阻害されてしまい、症状を発してしまいます。

・椎間板の突出
・椎体後縁骨棘の突出
・黄色靭帯の突出
・椎間関節の棘
・脊椎すべり症

これらにより脊柱管が狭くなってしまい、あらゆる症状を発生させてしまいます。

神経や神経周辺の血管も圧迫されてしまうことで、脊柱管の中で上下の自由な移動ができなくなってしまい、間欠跛行が発生してしまいます。
少し歩くと痛みにより歩けなくなり、休憩しないと次の一歩を踏み出すことができなくなってしまいます。
しゃがんだり前屈することにより、血管や神経の首絞め状態が解放されるので、また歩くことができます。
しかそ、その繰り返しとなり、万度にスムーズに歩くことができません。

万度に歩けない場合は、脊柱管狭窄症を疑うようにしましょう。
特徴的な症状が多いので、自覚しやすい症状といえます。

脊柱管狭窄症には、これらの3つのタイプがあります。

・馬尾型
脊柱管の中心部分が圧迫されている状態であり、両方の下肢のシビレ感や痛み、冷感などの異常感覚、排尿障害が発生します。

・神経根型
馬尾神経から分岐した後の神経が圧迫されている状態であり、臀部から下肢にかけて痛みが発生する症状です。
多くの場合、片方のみに症状が発生します。

・混合型
混合型は、馬尾型と神経根型の両方の症状が発生します。

このように、脊柱管狭窄症の症状には様々なタイプがあります。
1つのタイプだけではないので、注意しましょう。

【脊柱管狭窄症の改善方法】
脊柱管狭窄症の治療は、このような改善方法を行っていきます。

・薬物療法
痛み止めなど、痛みなどの改善のために薬物にて治療を行います。
多少の痛みであれば、薬物療法で改善へとみちびくことができます。

・注射療法
痛みがひどい場合は、痛み止めの注射をすることで楽な状態となります。
強い痛みでもスッと取り除くことができるので、辛い痛みでも楽になります。

・装具療法
コルセットなどで固定することで、症状改善へとみちびきます。
脊柱管狭窄症に適したコルセットを使わないと症状改善が期待できませんので、専門医に相談をして適したコルセットを使いましょう。
腰痛用の一般的なコルセットでは改善は期待出来ませんので、注意しましょう。
場合によっては症状を悪化させてしまうので、絶対にオススメできません。

・神経ブロック療法
強い痛みがある場合は、神経ブロック注射を行います。
強い痛みでもスッと治まるので、楽になっていきます。

・リハビリ療法
症状が改善していったら、リハビリで症状改善へとみちびきます。
専門医の指示に基づいて、適切なリハビリを行うようにしましょう。
自己流では改善は期待できませんので、オススメできません。

・手術療法
保存療法では改善せず、歩行障害が進行していて日常生活に支障が出ている場合は、手術方法を行います。
近年の手術療法は内視鏡を使った手術あり、簡単な手術で改善も可能です。
重度の場合のみ手術療法となりますので、早めの治療を受けることができれば手術は避けることができるといえます。

【脊柱管狭窄症の生活改善ケア】
脊柱管狭窄症は、日ごろの生活改善でもケアすることができます。
このような日常生活で、症状改善へとみちびきましょう。

・前屈みでの生活
脊柱管狭窄症は腰の神経の圧迫をしないことが大事であり、前屈みでの生活はとても友好的です。
お年寄りのように、前かがみになって生活してみるとよいでしょう。
歩く場合は、歩く時は杖やカートを使うと、腰を少し屈めて楽になります。

・自転車
自転車も前かがみになるので、腰の神経への圧迫を少なくすることができます。
長く乗らなくてもいいので、毎日少しの時間でも自転車に乗ってみましょう。

・腰を冷やさない
腰を冷やすと、脊柱管狭窄症の症状が出やすくなります。
薄着は極力避けて、入浴の際は湯船に浸かるようにしましょう。
ぬるめのお湯に長い時間浸かっていると、高い温浴効果を発揮します。
寒い時は、ホットパックなどを使って腰を温めるようにしましょう。

・同じ姿勢をとらない
同じ姿勢は、腰に大きな負担を掛けてしまいます。
仕事などで同じ姿勢が多い場合は、1時間に1度は休憩を取って体をほぐすようにしましょう。
グルグルと腰を回したり、体をほぐしましょう。
背中を反らすと腰に大きな負担がかかるので、オススメできません。

・重い物を持ち上げない
重い物を持ち上げると、腰に大きな負担がかかってしまいます。
なるべく分けて持つようにし、大きな負担をかけないようにしましょう。
なるべく、誰かに持ってもらうようにすると良いでしょう。
どうしても重い物を持たないといけない場合は、コルセットを使って作業を行うようにしましょう。

【脊柱管狭窄症は整骨院や接骨院での施術がオススメ】
脊柱管狭窄症は、病院で治療を受けていても短期間では改善しません。
症状が改善しない場合は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。

整骨院や接骨院での施術が脊柱管狭窄症に適している理由は、鍼灸治療の効果です。
患部神経周囲の血行不良を改善して、症状改善へとみちびいていきます。
また、筋肉を緩める効果により、腰の筋肉の緊張を改善して局所にかかる負担を軽減することができます。
鎮痛効果を発揮し、辛い脊柱管狭窄症の症状改善へとみちびいていきます。

このようない痛みへの治療は、整骨院や接骨院の方が適しているといえます。

まずは、病院でレントゲンやMRIなどで詳しく診てもらい、その後治療で改善していかない場合は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。

整骨院や接骨院での施術は、力任せにボキボキと施術をすることは一切ありません。
軽い力をかけて施術を行っていきますので、気持ちよく施術を受けることができます。
どなたでもスムーズに施術を受けることができますので、オススメです。
脊柱管狭窄症のような症状は整骨院や接骨院の得意分野ですので、高い効果を期待することができます。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ
kotsuban-kingdom.com/**