予約フォームはこちら!!

福岡天神 腰痛の危険度チェック

【腰痛の原因】
とある調査によると、日本には腰痛の人は約3,000万人いると言われています。
腰痛と一言でいっても、原因は様々です。
脊椎の病気、内臓の病気、腰部脊柱管狭窄、椎間板ヘルニア、その後他原因が特定しにくい非特異的腰痛などに分けられます。

・腰痛を起こす重い脊椎の病気
化のう性脊椎炎、がんの骨の転移、背骨の圧迫、骨折などがあります。
腰痛の全体の、1%の患者さんがいるといわれています。

・内臓の病気
内臓からは神経が多く腰に伸びているので、腰痛に影響を与えることがあります。
慢性膵炎、腎う腎炎、尿路結石、慢性の十二指腸潰瘍、子宮内膜症などにより、腰痛が発生してしまうことがあります。
内臓の病気による腰痛は、腰痛全体の約2%いるといわれています。

・腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなどの神経の障害
腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなどによる神経の障害では、腰痛全体の約10%を占めているといわれています。

・ぎっくり腰
急激な負担を腰に掛けた場合に発生する、腰痛です。
急性筋肉性腰痛症や突発性腰椎捻挫、などともいいます。

このように、原因を特定できる腰痛は全体の約15%しかいません。
他の約85%は、原因を特定しにくい非特異的腰痛であり、一般的には腰痛症や坐骨神経痛などと診断されます。
非特異的腰痛のほとんどは、腰の椎間関節や筋肉などに原因があるといわれています。
しかし、原因を特定するためには腰のある個所の神経を麻痺させ、痛みあ取れるかどうかの検査を何か所も行う必要があり、原因の特手とまでは行っておらず、痛みを取る治療を優先されるのが現状となっています。

【腰痛の危険度をチェックしてみよう】
腰痛は、誰でも良くなる症状なので、放置しておいても良いと思う人もいるようです。
腰痛の多くは、急いで受診するほどの状態ではないのがほとんどです。
しかし、中には放置しておくと危険な状態へと発展してしまう腰痛もあります。
これらをチェックして、ご自分の腰痛は危険ではないかどうかを確認してみましょう。

・体を動かした時のみ痛みが発生する
体を動かしたときのみ痛みが出る場合は、よくある腰痛です。
腰の椎間関節や筋肉などが原因で、腰痛が発生している可能性があります。
この場合、当面の危険度はないといえます。
ただし、状態がどんどん悪化していく場合や3カ月続く場合は、1度受診することをオススメします。

・脚がしびれて長く歩けない
脚はしびれて長く歩けない場合は、どこかの神経が異常に触れている場合があります。
腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアの可能性がありますので、専門医に診てもらって確認しましょう。

・お尻や脚が痛んだりしびれる
お尻や脚が痛んだりしびれる場合も、どこかの神経が触れている場合があります。
腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアの可能性があるので、専門医に診てもらって確認しましょう。

・背中が曲がりが気になる
背中が曲がってきている場合は、骨粗しょう症により背骨がつぶれている圧迫骨折が発生している場合があります。
悪化する場合があるので、すぐに専門医に診てもらいましょう。

・じっとしていても腰が痛い
じっとしていても腰が痛い場合は、危険度大です。
すぐに専門医に診てもらい、治療を受けましょう。

【危険ではない腰痛の改善方法】
体を動かした時のみなど病院に行くほどではない腰痛の場合は、このような対策で腰痛改善へとみちびきましょう。

・適度な運動を行う
適度な運動により、有酸素運動とすることができるので、脳に血流がアップして痛みを抑える物質を多くだすことができ、痛みを抑えることができます。
また、適度な筋肉が付くことで腰への負担を減らすことができるので、腰痛の痛みを軽減させることができます。
ウォーキングなどの適度な有酸素運動でOKですので、是非チャレンジしてみましょう。
運動により腰痛が悪化したら、運動を止めるようにしましょう。
専門医に運動の仕方を聞くと、適した運動を教えてもらえます。

・通常の生活をする
腰痛だと、腰をかばって通常の生活をしない方も多くいます。
普段通りの生活をするようにすることで、腰への負担をやわらげることができます。
いつも通り家事や仕事をして、腰へ余計な負担をかけないようにしましょう。

・正しい立ち方をする
正しい立ち方を行うことで、腰に負担をかけにくくすることができます。
軽くアゴを引いて、肩の力を抜いて、腹筋に力を入れて背支持を伸ばして立つようにしましょう。
腰痛の予防方法にもなりますので、とてもオススメです。

・ストレスを溜めこまない
ストレスを溜めこんでしまうと、脳の血流が悪くなってしまい痛みを抑える物質が少なくなってしまいます。
楽しいと感じると脳の血流が良くなって痛みを抑える物質が増えるので、ストレス対策を行いましょう。
自分の好きなことをするようにし、趣味の時間を充実させましょう。

・整骨院や接骨院で治療を受ける
整骨院や接骨院では、腰痛にピンポイントの治療を行うので、腰痛がドンドン改善していきます。
病院のように飲み薬や湿布などの治療とは違うので、初回の治療から痛みが改善したという声も挙がっています。
整骨院や接骨院はボキボキ痛い施術をすると思っている人もいるようですが、そのようなことは一切ありません。
気持ちいい程度の力を使って施術を行うので、痛くなく快適に受けることができます。
中には眠ってしまう人もいるほどですので、全く気になりませんよ。
整骨院や接骨院は近くの治療院に通うことができるので、気軽に通うことができます。

【急に腰痛になってしまった場合の対応方法】
グギっと急に腰痛になってしまうと、困ってしまいますよね。
急に腰痛になってしまった場合は、なるべく腰を動かさず安静にしましょう。
腰の筋肉はなるべく使わないようにして、横になりましょう。
できれば、腰痛の部分を冷やしたりコルセットを付けて安静にすると、より効果的です。
あまりにも痛みが強い場合は、病院に行って治療を受けて鎮痛薬をもらうようにしましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ