予約フォームはこちら!!
患者様の声

福岡天神 股関節痛の可能性

【股関節痛とは】
股関節痛は、脚の付け根部分である股関節部分に痛みが発生する症状です。
股関節に痛みを起こす方は多く、全国で400~500万人いるといわれています。
意外と、多くの方が股関節痛に悩んでいることがわかります。
そのうちの大半が、変形性股関節症といわれています。

このような症状がある場合、股関節痛の可能性が考えられます。

・股関節の痛み
・股関節の違和感
・お尻の痛み
・太ももの痛み
・膝の痛み
・左右に揺れて歩いてしまう
・あぐらができない
・爪切りができない
・股関節の動きが悪い

このような症状がある場合は、股関節痛を疑いましょう。

股関節というのは、他の関節とは異なり、深い場所にあります。
筋肉やじん帯に囲まれているので、自覚症状が出にくい傾向があります。
そのため、症状が進行してから気付く場合も少なくありません。

股関節痛の中で最も多い症状は、脚のつけ根の痛みや違和感です。
お尻や太ももに症状が出る場合もあるので、股関節の病気を気付かない方も多くいます。

股関節痛の原因は、股間節の一部の発育不良といわれています。
股間節というのは、骨盤と大腿骨のつなぎ目部分の関節です。
大腿骨の先端を臼蓋が包み込む構造となっており、大腿骨の臼蓋の軟骨がすり減ってしまうことで、炎症を起こしたり骨が変形してしまうことで、発症するといわれています。
大腿骨の臼蓋がすり減ってしまう理由は、骨の形に異常がある場合が大半と言われています。
日本人に多い骨の異常に、臼蓋形成不全という症状があります。
骨盤の骨が大腿骨の頭を3分の2以上覆っているのが、正常となっています。
臼蓋が十分に発育していない臼蓋形成不全の場合は、大腿骨を覆っている部分が小さいので、通常より少ない軟骨の範囲のみで体重を支える状態となってしまいます。
そのため、負担が狭い部分に集中してしまい、軟骨の負担が大きくなってしまい、すり減ってしまいます。

軟骨というのは、一度すり減ってしまうと元に戻りません。
軟骨がなくなってしまう前に、適切な治療で軟骨のすり減りの進行を抑えないといけません。
少しでもおかしいと思ったら、早期に専門医の診察を受けて治療を受けるようにしましょう。
股関節は体の重さを受ける骨ですので、頼りなくなってしまうと体全体にダメージを与えてしまいます。
末永く元気に過ごすために、股関節を衰えさせないようにしましょう。

股関節痛の診察は、整形外科で受けます。
問診や視診、触診、レントゲン、CT、MRIなどで診察を行います。
この中で最も重要となるのが、レントゲンです。
骨の形の異常や軟骨の状態などを確認できるので、股関節痛の進行状態の確認ができます。
レントゲンで分からない部分は、MRIやCTで確認をします。

【股関節痛の改善方法】
股関節痛は、このような治療方法で改善へとみちびきます。

・薬物療法
股関節の炎症を抑えて、痛みを取り除きます。
内服薬や湿布、塗り薬、など、症状に合わせて服用します。

・注射療法
痛みの症状がひどい場合は、注射療法で緩和させます。
強い痛みでも、注射により楽になります。

・運動療法
痛みが弱まっている場合、低下してしまった筋肉や関節、神経の機能回復へとするために、運動を行っていきます。
股間節周りの筋力を強くすることで、股関節への負担を軽減させて、痛みを取り除くことができます。
生活習慣病や高齢者の転倒や骨折、寝たきりの予防にも効果的です。
ストレッチや、プールでの水中運動、散歩、ウォーキング、自転車などが、効果的です。

・手術療法
保存療法で改善しない場合、手術療法を行っていきます。
人工関節置換術や骨切り術、関節固定術などを行い、改善へとみちびいていきます。

【日常生活での改善ポイント】
日常生活では、このようなことに気を付けて生活していくようにしましょう。

・杖の仕様
股関節が痛い場合、股関節に体重をしっかりかけることができず、体が左右に揺れてしまうことで不安定になってしまいます。
片足ばかりに負担をかけると大きな負担となってしまうので、杖を使って股関節への負担を軽くしましょう。
杖を使うことで、本来2本で体重を支えるのを3本で支えることができるので、股関節に負担をかけにくくすることができます。
杖は様々な種類があるので、専門医に相談してみると良いでしょう。

・太らない
太ると、股関節に大きな負担を与えてしまいます。
身長に見合った体重とし、太っている場合は痩せる努力をしましょう。
食事療法と運動を併用して、負担にならないように痩せていきましょう。
極端なダイエットは股間節に負担を掛けてしまいますので、よくありません。

・長い距離を歩いたり走らない
長い距離を走ったり歩くと、股関節に大きな負担がかかってしまいます。

・重い物を持って歩かない
重い物を持って歩くと、股関節に大きな負担を掛けてしまいます。
重い物は、車など他の物を使って移動させるようにしましょう。

・床に座らず椅子を使う
床に座ると、股関節に大きな負担を掛けてしまいます。
なるべく椅子を使うようにし、床には座らないようにしましょう。

・トイレは洋式トイレ
洋式トイレは、股関節にあまり負担をかけないので、オススメです。
和式トイレは股関節に負担を掛けてしまうので、オススメできません。

・入浴の際は椅子を使おう
入浴の際は、床に直接座ると股関節に大きな負担を掛けてしまいます。
椅子を極力使うようにして、床に直接座らないようにしましょう。
椅子は足の長いものにして、股関節に負担を掛けない物がオススメです。
また、湯船の中でも椅子を使うことで、股関節への負担を軽減させることができます。

・布団ではなくベッドを使う
布団は、横になったり立ち上がる際に、股関節に負担を掛けてしまいます。
ベッドに寝ることで、股関節の負担を軽減させることができます。

・栄養のある食事を摂取する
栄養のある食事で、股関節への負担をやわらげることができます。
多量のアルコールやカフェインは良くありませんので、控えましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 変形性膝関節症の予防方法

【変形性膝関節症とは】
膝の悩みというのは、全国で約800万人いるといわれています。
それらの膝痛の大半は、変形性膝関節症によるものと言われています。
一般的には、50歳以上の中高年の女性に多く発症する傾向があります。
高齢者の女性は筋肉が少ないので、ひざへの負担が強くなってしまうことで、発症しやすくなってしまうからです。
また、閉経があることで骨密度がモロくなってしまい、症状を発症してしまうことも考えられます。

変形性膝関節症とは、膝の関節部分の軟骨の質が低下してしまい、少しずつ減ってしまうことで、歩行時に膝の痛みが発生してしまう症状です。

変形性膝関節症の初期症状は、このような症状を発してしまいます。

・平地では歩行が可能でも階段では膝が痛く困ってしまう
・歩行の際はひざの痛みがなくても、正座は膝が痛くてできない

このような症状は、変形性膝関節症の初期の大きな特徴です。

次第に変形性膝関節症の症状が進んでいくと、次第にO脚が進んでいきます。
階段だけではなく平地の歩行も支障をきたすようになり、歩くことが大変になっていきます。
日常生活で負担が出ている場合は、かなり変形性膝関節症の症状が進んでいる証拠となります。

変形性膝関節症の原因は、これらが挙げられます。

・関節軟骨の老化
・肥満
・遺伝子
・骨折
・じん帯の損傷
・半月板損傷
・化膿性関節炎の感染の後遺症
・骨密度の減少
・ホルモンの減少

近年の研究では、メタボリックシンドロームが変形性膝関節症と大きなかかわりがあることを明らかにしています。

変形性膝関節症は、進行していくと厄介な状態へと進んでいきます。
少しでもおかしいなと思ったら、整形外科で受診するようにしましょう。
変形性膝関節症の診察は、問診とレントゲン、MRIで診断します。
症状がMRIに写りにくいことがあり、変形性膝関節症に詳しくない病院の場合は症状に気付かない場合もあります。
そのため、腕の良い病院で診察してもらうことをオススメします。

私達は、近年どんどん寿命が長くなってきており、平均90差は生きると言われています。
そのため、膝を動かせるようにしておくことは、とても大事なこととなります。
長くアクティブに生きていくためにも、膝をしっかりと動かせるようにしておきましょう。

【変形性膝関節症の治療方法】
変形性膝関節症の治療は、このような方法で行っていきます。

・安静
症状が軽い場合は、安静で症状改善へとみちびくことができます。
軽度の場合は、安静だけで1日で改善へとみちびくことができます。

・薬物療法
痛みがある場合は、痛み止めなどの薬物療法を行っていきます。
飲み薬や外用薬を併用して、症状改善へとみちびきます。

・注射療法
ヒアルロン酸などの注射を行い、潤滑成分として軟骨の表面の保護をすることができます。
ヒアルロン注射は、頻度が高く多く用いられており、高い改善が期待できます。
また、ステロイドなどの注射を行うことで、膝の症状を抑えます。
膝に強い痛みが出ている場合でも、注射で痛みを抑えることができます。

・温熱療法
血行を良くして膝を温めることで、症状改善へとみちびきます。
強い症状でも、楽になることができます。

・装具療法
足底板や膝装具を使って、症状改善へとみちびきます。
膝への負担がなくなっていくので、徐々に楽になって行きます。

・運動療法
痛みが出てしまう悪循環改善のために、運動療法で筋力を高めて痛みを改善していきます。
足上げ体操や横上げ体操など、簡単な運動で筋力化としていきます。

・手術療法
保存療法で改善しない場合は、手術療法を検討します。
内視鏡を使った手術で、軽度な手術とすることもできます。

【変形性膝関節症は整骨院や接骨院での施術もオススメ】
変形性膝関節症のような神経的な痛みは、整骨院や接骨院での施術が適しています。
鍼灸治療により痛みを取り除いて、血行改善して症状改善へとみちびきます。
また、マッサージもおこない、硬くなってしまった筋肉を効果的にほぐして、関節への負担を軽くさせます。

さらに、自己回復力や免疫力、自然治癒力を高めることで、痛くなりにくい状態へとみちびくことができます。
ひどい変形性膝関節症の痛みも、改善が期待できますよ。

病院での変形性膝関節症の治療は、薬物療法が主な治療方法です。
じんわりとした効果しか発揮しませんので、治らないのでは?と気になる人もいると思います。

整骨院や接骨院での施術は、症状が発生している部分にピンポイントで治療を行います。
そのため、改善しやすく症状の早期緩和へとみちびくことができます。

【変形性膝関節症の予防方法】
変形性膝関節症は、日常生活の中で予防を行うことができます。
これらの予防方法で、変形性膝関節症になりにくい状態へとみちびきましょう。

・太ももの前の筋肉を鍛える
太股の前の大体四頭筋を鍛えることで、変形性膝関節症になりにくい状態とすることができます。
家でできることでいいので、毎日ストレッチをして大腿四頭筋を鍛えましょう。

・正座をしない
正座は、変形性膝関節症へとみちびいてしまいます。
正座はせず、足を伸ばして座るなどの、膝に負担を掛けない座り方をしましょう。

・減量
体重の重さは、膝に大きな負担を掛けてしまいます。
体重が重い場合は、減量しましょう。
極端な原料の場合は膝まわりの筋肉も無くなってしまうので、少しずつ痩せるようにしましょう。

・膝を冷やさない
膝を冷やすと、変形性膝関節症になりやすくなってしまいます。
薄着をせず、膝を冷やさないようにしましょう。
入浴は湯船に浸かるようにし、クーラーの使い過ぎも控えましょう。

・洋式トイレを使う
洋式トイレはひざへの負担が少ないので、オススメです。
和式トイレはひざへの負担がとても大きいので、避けるようにしましょう。

・体を冷やさない食事
膝を冷やさないためには、体を冷やさない食事も非常に大事となります。
冷たい物は避け、温かい物を口にするようにしましょう。
水も、常温にして飲むことをオススメします。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 腰椎すべり症の治療

【腰椎すべり症とは】
腰椎すべり症というのは、積み木のように連なっている腰痛が、前の方に滑り出してしまうことで、様々な症状を引き起こしてしまう症状です。
腰椎すべり症には、このような2つの種類があります。

・腰椎分離すべり症
背骨の本体の椎体と後ろ側で関節を構成している椎弓が、分離してしまった状態です。
分離された状態で放置してしまうと、分離してしまった腰椎の安定性がなくなってしまうので、上下の骨にズレが発生してしまいます。

・腰椎変性すべり症
腰椎変性すべり症は、明らかな原因は不明といわれています。
多くの場合は、加齢と共に椎間板やじん帯、関節などの腰椎を固定している組織が変性してしまい、それに伴い腰椎の安定性が失われてしまい、腰椎にズレが発生してしまいます。
加齢や長時間の負荷により腰椎が変性した場合を、指します。
分離すべり症に対し、高齢で発症する場合が多くあります。

腰椎すべり症は、腰痛と坐骨神経痛を発症します。
すべり具合が強度になっていくと、腰椎の後ろの方を走っている脊髄神経が圧迫されてしまい、下半身に痛みやしびれが発生します。
長い距離を歩くと痛みやしびれが発生してしまい、屈むと楽になる間欠跛行が発生する場合もあります。
分離すべり症も変性すべり症も脊髄神経の圧迫が原因となっているので、発生する症状に大きな変化はありません。
腰痛や間欠跛行がある場合は、腰椎すべり症を疑うと良いでしょう。

【腰椎すべり症の原因】
腰椎すべり症は、このような原因で発症してしまいます。

・先天性
生まれつき持っている症状により、発症してしまう原因です。
生まれつき腰が弱い場合、発症してしまうこともあります。

・後天性
子供の頃からのスポーツによる負荷、尻もちなどの負荷、椎間板の変性、不良姿勢、肥満などがあります。

このように、腰に何らかの負荷が加わっている方に、発症しやすい症状です。

【腰椎すべり症の治療】
腰椎すべり症は、このような治療を行っていきます。

・安静
腰にかかった負担により筋肉や関節部分で炎症が起きて発症するので、腰にかかる負荷を取り除くことが大事となります。
安静にして、アクティブに動かないようにしましょう。

・筋力訓練
腰回りの筋肉を鍛えることで、症状再発予防を期待することができます。
腰回りの筋肉を強化して、痛みが発生しない状態へとみちびきましょう。

・装具療法
局所を安静をキープするために、コルセットなどを使って早期の回復を期待します。
適したコルセットは、専門医に相談をして使うようにしましょう。

・薬物療法
鎮痛を目的とし、非ステロイド系抗炎症薬を投薬します。
また、痛みにより緊張してしまった筋肉を緩ませるために、筋弛緩薬を使うこともあります。
場合によっては、湿布などの外用薬を使うこともあります。

・温熱療法
温熱療法で血流を良くすることで、局所の改善を期待することができます。
かなりつらい症状でも、血流改善で楽になることができます。

・神経ブロック療法
発痛点に局所麻酔や抗炎症薬を使うことで、症状改善へとみちびく方法です。
トリガーポイントをブロックすることで、交感神経の異常な興奮を抑えることができ、痛みが緩和されていきます。
強い症状が出ている場合でも、楽になります。

・手術療法
保存療法で改善しない場合、手術療法で改善へとみちびきます。
現在ある神経症状の改善とし、今後の予防へとみちびきます。
入院の目安は10日程度であり、短期間での入院とすることができます。

【整骨院や接骨院での施術】
腰椎すべり症は、整骨院や接骨院での施術も効果的です。
腰椎すべり症は、仙骨を調整して腰椎すべり症の症状改善へとみちびきます。
また、関節の調整に加えて腰や臀部などの筋肉の調整も行い、症状改善へとみちびきます。
このような神経の症状は、整骨院や接骨院が得意としている施術です。
高い施術効果を発揮しますので、症状が落ち着いていきます。

整骨院や接骨院での施術は、ボキボキと力任せに行って痛いと思っている人もいるようです。
しかし、整骨院や接骨院での施術は、そのような力任せの施術は行いません。
程よい力で施術していくので、全く痛みはありません。
気持ちがいい程度の力を掛けて施術を行っていくので、快適に受けることができます。
お子さんでも快適に受けることができるので、オススメです。

【腰椎すべり症の予防方法】
腰椎すべり症は、予防をすることで腰椎すべり症になりにくくすることができます。
このような予防方法で、再発を防ぎましょう。

・長時間同じ姿勢を取らない
長時間同じ姿勢を取っていると、腰に負担がかかってしまいます。
長時間同じ姿勢を取る場合は、1時間に1回は休むようにしましょう。
長時間の運転などにより、再発してしまう人が多くいます。

・コルセットなどのベルトの着用
コルセットなどのベルトの着用は、腰への負担を軽減させることができます。
不安な場合は、コルセットなどのベルトを着用するようにしましょう。
物を持つ時など、腰に負担を掛ける時には着用して保護しましょう。

・重い物を持ち上げない
重い物を持ち上げると、腰に大きな負担をなってしまいます。
重い物は分けて持つようにし、一気に持たないようにしましょう。
できれば、誰か他の人に頼むようにして、極力持たないことをオススメします。

・腰に負担をかけるスポーツを行わない
腰に負担をかけるスポーツは、行わないようにしましょう。
腰椎すべり症を発症させたくない場合は、スポーツを行わないことをオススメします。
スポーツをしたい場合は、腰に負担をかけにくいスポーツを行うことをオススメします。

・肥満の改善
肥満は、腰に大きな負担を掛けてしまいます。
身長に見合った体重とし、肥満を改善させましょう。
極端なダイエットは、腰に大きな負担をかけてしまいます。
そのため、少しずつ響くダイエットとするようにしましょう。
1か月に1~2kg痩せるダイエットが、理想です。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 脊柱管狭窄症の改善

【脊柱管狭窄症とは】
脊柱管狭窄症とは、神経が入っている脊柱管という管が、何らかの影響により狭くなってしまい、痛みやしびれなどの症状が出ている状態です。
これらの原因により脊柱管が阻害されてしまい、症状を発してしまいます。

・椎間板の突出
・椎体後縁骨棘の突出
・黄色靭帯の突出
・椎間関節の棘
・脊椎すべり症

これらにより脊柱管が狭くなってしまい、あらゆる症状を発生させてしまいます。

神経や神経周辺の血管も圧迫されてしまうことで、脊柱管の中で上下の自由な移動ができなくなってしまい、間欠跛行が発生してしまいます。
少し歩くと痛みにより歩けなくなり、休憩しないと次の一歩を踏み出すことができなくなってしまいます。
しゃがんだり前屈することにより、血管や神経の首絞め状態が解放されるので、また歩くことができます。
しかそ、その繰り返しとなり、万度にスムーズに歩くことができません。

万度に歩けない場合は、脊柱管狭窄症を疑うようにしましょう。
特徴的な症状が多いので、自覚しやすい症状といえます。

脊柱管狭窄症には、これらの3つのタイプがあります。

・馬尾型
脊柱管の中心部分が圧迫されている状態であり、両方の下肢のシビレ感や痛み、冷感などの異常感覚、排尿障害が発生します。

・神経根型
馬尾神経から分岐した後の神経が圧迫されている状態であり、臀部から下肢にかけて痛みが発生する症状です。
多くの場合、片方のみに症状が発生します。

・混合型
混合型は、馬尾型と神経根型の両方の症状が発生します。

このように、脊柱管狭窄症の症状には様々なタイプがあります。
1つのタイプだけではないので、注意しましょう。

【脊柱管狭窄症の改善方法】
脊柱管狭窄症の治療は、このような改善方法を行っていきます。

・薬物療法
痛み止めなど、痛みなどの改善のために薬物にて治療を行います。
多少の痛みであれば、薬物療法で改善へとみちびくことができます。

・注射療法
痛みがひどい場合は、痛み止めの注射をすることで楽な状態となります。
強い痛みでもスッと取り除くことができるので、辛い痛みでも楽になります。

・装具療法
コルセットなどで固定することで、症状改善へとみちびきます。
脊柱管狭窄症に適したコルセットを使わないと症状改善が期待できませんので、専門医に相談をして適したコルセットを使いましょう。
腰痛用の一般的なコルセットでは改善は期待出来ませんので、注意しましょう。
場合によっては症状を悪化させてしまうので、絶対にオススメできません。

・神経ブロック療法
強い痛みがある場合は、神経ブロック注射を行います。
強い痛みでもスッと治まるので、楽になっていきます。

・リハビリ療法
症状が改善していったら、リハビリで症状改善へとみちびきます。
専門医の指示に基づいて、適切なリハビリを行うようにしましょう。
自己流では改善は期待できませんので、オススメできません。

・手術療法
保存療法では改善せず、歩行障害が進行していて日常生活に支障が出ている場合は、手術方法を行います。
近年の手術療法は内視鏡を使った手術あり、簡単な手術で改善も可能です。
重度の場合のみ手術療法となりますので、早めの治療を受けることができれば手術は避けることができるといえます。

【脊柱管狭窄症の生活改善ケア】
脊柱管狭窄症は、日ごろの生活改善でもケアすることができます。
このような日常生活で、症状改善へとみちびきましょう。

・前屈みでの生活
脊柱管狭窄症は腰の神経の圧迫をしないことが大事であり、前屈みでの生活はとても友好的です。
お年寄りのように、前かがみになって生活してみるとよいでしょう。
歩く場合は、歩く時は杖やカートを使うと、腰を少し屈めて楽になります。

・自転車
自転車も前かがみになるので、腰の神経への圧迫を少なくすることができます。
長く乗らなくてもいいので、毎日少しの時間でも自転車に乗ってみましょう。

・腰を冷やさない
腰を冷やすと、脊柱管狭窄症の症状が出やすくなります。
薄着は極力避けて、入浴の際は湯船に浸かるようにしましょう。
ぬるめのお湯に長い時間浸かっていると、高い温浴効果を発揮します。
寒い時は、ホットパックなどを使って腰を温めるようにしましょう。

・同じ姿勢をとらない
同じ姿勢は、腰に大きな負担を掛けてしまいます。
仕事などで同じ姿勢が多い場合は、1時間に1度は休憩を取って体をほぐすようにしましょう。
グルグルと腰を回したり、体をほぐしましょう。
背中を反らすと腰に大きな負担がかかるので、オススメできません。

・重い物を持ち上げない
重い物を持ち上げると、腰に大きな負担がかかってしまいます。
なるべく分けて持つようにし、大きな負担をかけないようにしましょう。
なるべく、誰かに持ってもらうようにすると良いでしょう。
どうしても重い物を持たないといけない場合は、コルセットを使って作業を行うようにしましょう。

【脊柱管狭窄症は整骨院や接骨院での施術がオススメ】
脊柱管狭窄症は、病院で治療を受けていても短期間では改善しません。
症状が改善しない場合は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。

整骨院や接骨院での施術が脊柱管狭窄症に適している理由は、鍼灸治療の効果です。
患部神経周囲の血行不良を改善して、症状改善へとみちびいていきます。
また、筋肉を緩める効果により、腰の筋肉の緊張を改善して局所にかかる負担を軽減することができます。
鎮痛効果を発揮し、辛い脊柱管狭窄症の症状改善へとみちびいていきます。

このようない痛みへの治療は、整骨院や接骨院の方が適しているといえます。

まずは、病院でレントゲンやMRIなどで詳しく診てもらい、その後治療で改善していかない場合は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。

整骨院や接骨院での施術は、力任せにボキボキと施術をすることは一切ありません。
軽い力をかけて施術を行っていきますので、気持ちよく施術を受けることができます。
どなたでもスムーズに施術を受けることができますので、オススメです。
脊柱管狭窄症のような症状は整骨院や接骨院の得意分野ですので、高い効果を期待することができます。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 椎間板ヘルニアの症状

【椎間板ヘルニアとは】
椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板という部分の1部が変形して飛び出してしまい、神経に当たってしまうことで様々な症状を発してしまう症状です。

椎間板というのは、骨と骨の間にあるクッションのような役割のものです。
そんな椎間板が、何らかの原因によって変形してしまい飛び出してしまうことで、神経に当たってしまい、痛みやしびれを発症させてしまいます。
人の体は椎間板のおかげで、背骨がしなやかに動くようになっています。
背骨の後ろの方には脊柱管というものがあり、この中には脳と手足をつないでいる神経が通っています。
この神経の部分に椎間板が飛び出して触れてしまうことで、痛みやしびれを発症してしまい、動きにくくなってしまうこともあります。

椎間板ヘルニアというのは、腰痛の5%を占めていると言われています。
腰痛の場合は椎間板ヘルニアの可能性も十分に考えられるので、注意が必要です。
椎間板ヘルニアは20代の若い人でもなる傾向がありますので、注意しましょう。

椎間板ヘルニアの症状は、このような症状がでます。

・首のヘルニア
首のヘルニアは、手に痛みやしびれ、動かしにくい、力が入りにくいなどの症状が発生します。
ヘルニアの場所によって症状には違いがあり、首筋や肩甲骨などに症状が出る場合もあります。
ヘルニアの状態が酷い場合は足もしびれてしまい、歩きにくくなってしまうこともあります。

・腰のヘルニア
腰のヘルニアは、主にお尻や脚の痛み、しびれ、動かしにくさ、力の入りにくさなどが発症します。
下半身の、どこにでも痛みやしびれなどの症状が発生する場合があります。
お尻から太ももにかけての症状は坐骨神経痛と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状となります。

これらの2つのヘルニアのどちらも、手足の症状が発生する前に、腰や首の痛みだけが発症することもあります。
急に症状が出る場合もあり、徐々に出てくる場合もあります。
また、首のヘルニアでも腰のヘルニアでも、神経が強く押されている場合は、排尿や排便がしにくい状態になることもあります。
悪化してしまうと大変なことになってしまいますので、早急に治療を受けて改善へとみちびきましょう。

椎間板ヘルニアの原因は、腰に負担がかかる作業を行っている人になりやすい傾向がありますが、実はあまり関係ないとも言われています。
腰に大きな負担を掛けた作業をしていない人でも、椎間板ヘルニアになる場合もあります。
そのため、誰にでも発症する症状といえます。
腰を酷使していなくても椎間板ヘルニアの症状がある場合は、椎間板ヘルニアを疑うようにしましょう。

椎間板ヘルニアの主な原因と言われているのが、椎間板への強い圧力です。
椎間板というのは、髄液と呼ばれているやわらかい組織と、それを覆っている繊維輪という硬い組織で出来ています。
椎間板に強い負担がかかると、繊維輪が破綻してしまい、そこから軟らかい髄液が突出してしまいます。
また、喫煙や遺伝も発症にかかわっているとも言われています。
椎間板というのは、10歳を過ぎたころから老化がはじまっていきます。
加齢に伴い椎間板も老化してしまい、壊れてしまいます。

シビレや痛みが気になる場合は、専門医に診てもらうようにしましょう。
椎間板ヘルニアの診察は、レントゲンヤMRIなどで総合して診断します。
ヘルニアはレントゲンにもMRIにも写りにくいので、小さい場合は見つからない場合があります。
そのため、経験豊富な病院で検査を受けることが大事となります。

【椎間板ヘルニアの治療方法】
椎間板ヘルニアの治療は、保存療法と手術療法があります。
このような方法で、治療を行っていきます。

・薬物療法
痛み止めなどの内服薬を使って、症状改善へとみちびいていきます。
場合によっては、湿布薬などの外用薬も使っていきます。

・注射療法
痛み止めの注射を行い、激しい痛みを緩和させていく方法です。
椎間板ヘルニアで激しい痛みが出ている人でも、注射で痛みをスッと取り除くことができます。

・装具療法
コルセットなどを使って、腰を固定して改善へとみちびいていく方法です。
椎間板ヘルニアに適したコルセットが必要となるので、一般的なコルセットでは効果を発揮しません。
専門医と相談をして、適したコルセットを使って治療を行いましょう。

・牽引療法
骨盤にベルトをかけて、引っ張る牽引方法です。
椎間板ヘルニアの神経が触れている状態を、改善へとみちびきます。

・温熱療法
温熱を患部に与えることで、血流を良くして痛みなどの症状を改善させる方法です。
病院や整骨院でも、受けることができます。
辛い症状でも、温熱療法でスッキリ楽になることができます。

・手術療法
緊急の例をのぞいて保存療法で改善しない場合は、手術療法で改善へとみちびいていきます。
直接椎間板を摘出したり、レーザーなどにより椎間板への圧力を減らす方法などがあります。
状態によって、手術方法を選択して改善へとみちびきます。
中には日帰りで出来る手術もあるので、意外と気軽に受けることができる手術といえます。
ただし、椎間板ヘルニアでの手術というのは、ごく少数です。
ほとんどの場合、保存療法で改善へとみちびくことができます。

【椎間板ヘルニアの予防方法】
椎間板ヘルニアは、このような方法で予防することができます。

・中腰の作業を避ける
中腰の作業は、椎間板に大きな負担を掛けてしまいます。
中腰は極力控えて、行わないようにしましょう。
もしも避けられない場合は、コルセットを付けて行うようにしましょう。

・重たいものを持たない
重たいものを持つと、椎間板に負担を掛けてしまいます。
思い物は持たないようにして、分けて持つようにしましょう。
なるべくコルセットを付けて、腰に負担を掛けずに持つようにしましょう。

・腰のストレッチ
腰をストレッチすることで、腰に程よい筋肉が付いて腰に負担を掛けずに済みます。
家でできるストレッチでいいので、チャレンジしてみましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 坐骨神経痛の改善

【座骨神経痛とは】
坐骨という人体の中で最も太い神経が腰からお尻へと走っており、この神経が通る道沿いに痛みが発生することを、坐骨神経痛といいます。
坐骨神経が圧迫されて刺激を受けることにより、腰や臀部、太股、ふくらはぎ、足先にするどく電気が走ったような痛みやピリピリとしたしびれ、強く張っている感じなどの症状が出ます。

初期段階では、湿布薬を張る程度で改善します。
そのため、ついつい軽く捉えてしまう方も多いようです。
しかし、症状は繰り返されるようになり、このようなひどい症状へと発展してしまうこともあります。

・痛くて歩けない
・椅子から立ちあがることができない
・立っていることができない
・座っていても痛い
・寝ていても痛い
・排泄が上手くできなくなる

このような、重篤な状態にもなってしまうことがあります。
生活習慣に大きな支障を与えてしまうので、そうなる前にケアして改善していくことが大事となります。

坐骨神経痛はメジャーな症状ですが、病気というよりも坐骨神経に症状が出ている総称を指します。
坐骨神経はお尻から足底までつながっている神経であり、とても長い神経です。
そのため、発生する症状も人により様々です。
お尻から太ももに症状が多く出る人もいれば、ひざ裏やもっと下の部分に症状が出る人もいます。

坐骨神経痛の原因も、人により様々です。
このような原因で、坐骨神経痛を発症してしまいます。

・運動のし過ぎ
・デスクワークばかりで運動不足
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症

このように、多様なケースがあります。

これらの原因の中で、最も注意したのが椎間板ヘルニアです。
坐骨神経痛の中で、年齢を問わず多くみられる原因といえば、腰部の椎間板ヘルニアです。
椎間板は骨と骨の間にあるクッションのようなものであり、何らかの原因によって椎間板がつぶれてしまい、神経を刺激させてしまうことで痛みが発生してしまいます。
椎間板ヘルニアは若い人でもなるので、若い人でも坐骨神経痛になってしまう人がいます。

中高年に多いのが、脊柱管狭窄症による原因です。
脊柱管というのは背骨の中にある神経の通り道の管であり、加齢などにより脊柱管が圧迫されてしまい神経を刺激してしまうことで、坐骨神経痛の痛みを発しやすくしてしまいます。

このような症状がある場合は、坐骨神経痛の可能性が考えられます。

・腰痛がなかなか治らなく、臀部にも影響が出ている
・お尻から足にかけて、痛みやしびれが発症する
・体を動かすことで痛みやしびれが悪化する
・前や後ろにかがむと痛みがしびれが出る
・脚の痛みやしびれがあって夜眠れない
・脚に力が入りにくい
・脚の動作に支障がある
・下半身の筋肉の太さに左右差がある
・脚や臀部が痛くてしびれて辛い
・脚に触れると、感覚が鈍い感じがする

これらの症状は、一見神経痛と思われがちな症状です。
しかし、これらは坐骨神経痛の可能性が考えられます。
これらのいくつかの症状がある場合は、坐骨神経痛を疑いましょう。

少しでもおかしいと思ったら、専門医に診てもらいましょう。
坐骨神経痛の診察は、レントゲンやMRIが主な診察方法となります。
所見で色々動かし症状を聞かれますので、細かく伝えるようにしましょう。
早期治療で改善しやすくなりますので、早めの診察と治療を受けることをオススメします。
症状があって3日以上改善しない場合は、即診察を受けましょう。

【坐骨神経痛は整骨院や接骨院での施術がオススメ】
坐骨神経痛のような神経の症状は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。
整骨院や接骨院は、神経関係の改善のスペシャリストです。
そのため、スムーズな改善が期待できます。

病院で坐骨神経痛の症状が改善せず困っている場合は、整骨院や接骨院での施術を受けてみると良いでしょう。

整骨院や接骨院での施術は、膝や股関節、骨盤、仙腸関節の状態を整えて、坐骨神経痛の症状を改善へとみちびいていきます。
正常な状態へとみちびいていき、症状を軽減、改善へとみちびいていきます。

整骨院や接骨院での施術は、強い力を入れて施術を行うことは一切ありません。
程良い程度の力で施術していくので、気持ちよく施術を受けることができます。
ボキボキされるのではないかと怖がっている人もいるようですが、そのようなことは一切ありませんので、安心して受けることができますよ。

【坐骨神経痛の生活改善ケア】
坐骨神経痛の改善は、セルフケアも含めて行うと効果的です。
坐骨神経痛生活改善のケアを、ご紹介していきます。

・重たいものは持たない
重たいものを持つと、坐骨神経に大きな負担を掛けてしまいます。
重たいものは持たないようにし、誰かに持ってもらうようにしましょう。
分けて持てる物は、分けて持つようにしましょう。

・長い時間同じ姿勢を取らない
長い時間の同じ姿勢は、坐骨神経痛に大きな負担をかけてしまいます。
1時間に1回は休憩を取るようにして、インターバルを設けるようにしましょう。
椅子に座っている場合は立ち上がって、軽く運動をすると良いでしょう。

・ストレッチを行う
ストレッチを行うことで、椎間板や脊柱管への負担を軽くすることができます。
背骨や筋肉をゆっくり動かすようにして、筋肉をほぐすようなストレッチを行いましょう。
激しいストレッチは、坐骨神経痛に負担を掛けてしまいます。
あくまで軽いストレッチを、行うようにしましょう。

・肥満の改善
体重の多さは、坐骨神経に大きな負担を掛けてしまいます。
身長に見合った体重とし、体重が多い場合はダイエットをしましょう。
先程ストレッチの話をかきましたが、ストレッチを行って緩やかにダイエットへとみちびきましょう。

・患部を温める
患部を温めることで、坐骨神経痛の症状改善へとみちびくことができます。
薄着はせず、湯船に入って体を温めるようにしましょう。
温浴は血流を良くすることができるので、坐骨神経痛改善が期待できます。
ホットパックなども使って、常に冷やさないように心がけましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 ぎっくり腰の予防方法

【ぎっくり腰とは】
ぎっくり腰とは、腰を使った何かの拍子に突然腰が痛くなり、動けなくなってしまった状態です。
とても恐ろしい腰痛症状であり、ほとんどの方は発症時は痛くて動けません。
正式名称は、急性腰痛といいます。
そのため、病院で診察されると急性腰痛と診断されます。
文字通り急激に発症した腰痛であり、欧米では「魔女の一撃」という激しい痛みに見合った名称が付いています。

ぎっくり腰は、多くの場合1週間~2週間ほどで改善していきます。
しかし、場合によっては時間経過しても改善しない場合もあります。
その場合は、他の病気が発症している場合が考えられます。
ぎっくり腰発症後5日間で症状が改善しない場合は、専門医に診てもらうようにしましょう。

ぎっくり腰は、このような時に発症したという声が挙がっています。

・立ったまま下にある物を取ろうとした
・靴下を履こうとしてうつむいた
・中腰で荷物を持ち上げようとした
・リモコンを取ろうとした
・何気なく振り向いた
・階段を登ろうとした
・立ちあがろうとした
・顔を洗おうとした
・おじぎをした
・くしゃみをした
・咳をした

など、いわゆる日常的に当たり前の動作で発症しています。

20歳以下で発症することはほとんどなく、30歳以降に発症することがほとんどです。
その理由は、椎間板や関節などに加齢炎症が出てくることが原因ではと言われています。
しかし、完璧に何が原因によって発症したのかは、未だに分かっていません。

ぎっくり腰は、なぜあんなに痛いのでしょうか。
その理由は、腰を支えてるじん帯や筋肉に急に負担がかかってしまい、断裂を起こして神経を刺激しているためです。
捻挫を起こした時と似たような症状であり、腰の捻挫のような状態が発生しています。
痛みの原因となっているのではそれだけではなく、腰の中央部分にある椎骨の関節や周りの膜、椎間板などが傷ついてしまうことで、神経を圧迫してしまい強烈な痛みを発してしまいます。

【ぎっくり腰になった場合の対処方法】
ぎっくり腰になった場合、あまりにもすごい激痛で動けません。
でも、人間はどうにか動こうとするものです。
しかし、動けない状態なので、無理して動かす必要はありません。
数分程度で動けるようになるので、動けるようになるまでそのままの状態でいるようにしましょう。
動けるようになったら、ゆっくりと動きましょう。
落ち着くことが大事ですので、深呼吸をすると良いでしょう。

そして、安静にしましょう。
自然治癒が必要となるので、自然治癒を妨げないように安静にします。
横になって、膝や股関節を曲げてエビのような状態になって休むのが、理想の形となります。
また、腰部分を冷やすのも効果的と言われていますので、アイスノンや氷等を用いて冷やすと良いでしょう。
ただし、冷やし過ぎてしまうと皮膚が刺激されてしまうこともあるので、1回に月15分間冷やすことをオススメします。
痛みがある場合は、痛み止めを服用してもいいでしょう。
痛みを我慢して動くことは良くないので、極力動かないことが大事となります。
炎症が残っているうちは患部を温めてはいけませんので、入浴も控えるようにしましょう。
マッサージも、痛みがあるうちは控えましょう。
痛みが残っているうちに動く場合は、コルセットを付けることで余計な負担を与えずに動くことができます。
安静は4日くらいまでとし、それ以上痛みが続く場合は専門医に診てもらいましょう。

ぎっくり腰は病院でも治療を受けることができますが、整骨院や接骨院での治療の方が適しているといえます。
整骨院や接骨院は骨や捻挫のスペシャリストですので、効果的に改善へとみちびくことができるからです。
激しくて辛い痛みもスッと取り除いてくれ、短期間で改善へとみちびくことができます。
ぎっくり腰は再発することも多くあるので、できれば整骨院や接骨院でしっかりと施術して改善させておくことがオススメとなります。

【ぎっくり腰の予防方法】
ぎっくり腰は、なってしまうと辛いですよね。
ぎっくり腰は1度なると大変なので、もう2度となりたくないものです。
ぎっくり腰の予防方法を行い、ぎっくり腰にならないようにしましょう。
ぎっくり腰予防方法は、これらがオススメです。

・重たいものを持たない
重たいものを持つと、ちょっとしたタイミングの違いによりぎっくり腰になってしまう場合があります。
重たいものは、極力持たないようにしましょう。
重たいものを持たないといけない場合は、誰か他の人に頼むようにしましょう。

・急に体をひねらない
急に体をひねると、ちょっとしたタイミングの違いによりぎっくり腰になってしまう場合があります。
急に体をひねるのは、極力止めるようにしましょう。
ゆっくり振り向いたりなど、体を無理にひねらないクセを付けましょう。

・体重を減らす
体重が多いことで腰へ負担がかかるので、ぎっくり腰になりやすいとも言われています。
体重は自分の身長に見合った重さとし、重い体重としないようにしましょう。
適度なダイエットをして、効果的に体重を減らしましょう。
急激なダイエットは体に良くないので、付き1~2kg程度のダイエットが理想となります。

・筋肉を付ける
腰回りに筋肉があると、腰への負担をやわらげることでぎっくり腰になりにくい状態になることができます。
先程のダイエットの体操と一緒に、筋肉も付けるようにしましょう。

・姿勢の改善
姿勢が悪いと、ぎっくり腰になりやすい傾向があります。
真っすぐに立って姿勢を良くして、腰に余計な負担を与えないようにしましょう。

・腰を曲げる際はひざも曲げる
腰を曲げる際にぎっくり腰になる場合がありますが、それは腰を曲げる際に腰に大きな負担がかかることで、ぎっくり腰になってしまいます。
腰を曲げる際に膝も一緒に曲げることで、膝に腰に来る負担を与えることができるので、腰への負担を減らすことができます。
日常生活の中には腰を曲げる動作は多くありますので、一緒に膝も曲げるように癖付けをしていきましょう。

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 ストレッチで膝痛改善

【膝痛とは】
膝の痛みというのは、腰痛の次に多くある症状です。
多くの場合、加齢による変形性膝関節症です。
元々、女性に多い症状です。
その理由は、これらが挙げられます。

・女性は筋肉が少ない
・加齢と共に基礎代謝が低下しやすい
・太りやすい体質
・閉経と共に女性ホルモンの分泌が減少して骨がもろくなってしまう

膝の痛みは加齢により発生するので、年齢を増したから仕方ない、太っているから仕方ないと思う人が大半のようです。
加齢や体重の重さも影響を与えていますが、原因は1つではありません。
いつまでも改善せずに膝痛に困っている場合は、専門医に診てもらうことも考えましょう。

膝の痛みの多くは、膝関節の軟骨のすり減りによって発生しています。
立ったり座ったり歩くという動作は、膝関節の曲げ伸ばしによって行っています。
膝関節を構成しているのは、大腿骨と脛の脛骨、膝のお皿の膝蓋骨の3つの骨です。
これらの3つの骨は靭帯や筋肉に支えられており、骨と骨の間には衝撃吸収が出来るクッションの役割の軟骨や半月板があります。
膝への違和感、動いた時の膝の痛みの場合は、軟骨のすり減りによって大腿骨とけいこツア物かかり合ってしまうことにより発生します。
軟骨がすり減ってしまう原因は、加齢、肥満、O脚などが挙げられます。
また、脚の筋肉が少なくなることによっても、膝関節へ負担を与えてしまいます。

膝に違和感がある場合は、軟骨のすり減りなどの異常が発生している証拠です。
早めに生活習慣を改善させ、ひざへの負担を軽くしましょう。

【膝痛は放置しておくと歩けなくなる?】
膝痛は、放置していても改善しません。
ほとんどの場合、進行してしまいます。
進行してしまうと、激しい痛みのために歩けなくなってしまう場合もあります。

年齢を増した方が歩けなくなってしまうのは、膝痛を放置しておいた結果です。
膝痛を対策しておけば、歩けない状態にならない状態にすることもできます。
そのため、初期段階のうちからケアして改善へとみちびいていくことが大事となります。

膝痛は、初期、中期、後期でこのような症状を発します。

・初期
通常の生活は可能ですが、歩き出すと痛みが発生します。
ただし、痛みは直ぐに消える傾向があります。
そのため、ほとんどの肩がこの時点では全く気にしません。

・中期
痛みが強く出ることもありますが、自分の身の回りのことは自分でできます。
痛みが続くこともあり、痛くて正座ができません。
身の回りのことは自分でできるので、この状態でも我慢してしまう方もいます。

・後期
非常に強い痛みが発生し、自分の身の回りのことは自分ではできなくなってしまいます。
痛みが強いので、普通に歩けない状態です。

【膝痛を改善させるセルフケア】
膝痛は、日常生活の改善で軽減へとみちびくことができます。
誰でも取り入れやすいセルフケアを、ご紹介していきます。

・体重管理
体重が増えてしまうと、膝関節への負担が大きくなってしまいます。
そのため、膝関節の軟骨や半月板が痛みやすくなってしまいます。
体重は、身長に合わせるようにしましょう。
BMIが25以上や25に近い人は、積極的に減量するようにしましょう。
減量方法は、やみくもに栄養を取らない方法はオススメできません。
筋肉や骨を守るためには、タンパク質やカルシウムが必要となります。
タンパク質やカルシウムを中心とした、色んな食材を摂取するようにしましょう。
月1~2kg痩せるようにすると、負担がかかりにくいダイエットとすることができます。

・膝を温める
寒くなると膝が痛くなりますが、その理由は膝が冷えてしまうことです。
膝が冷えると血行が悪くなり、痛みが出やすくなってしまいます。
膝に腫れや熱がない場合は、膝のまわりを温めるようにしましょう。
蒸しタオルなどを使って、膝を温めるようにしましょう。
入浴は湯船に浸かるようにして、体全体を温めるようにしましょう。
体全体を温めることにより、血行が促進して発痛物質を代謝させることができます。
また、湯船の中で膝を軽く曲げるなどのストレッチは、膝まわりの筋肉をやわらげることができるので、オススメです。

・ストレッチで膝痛改善
ダイエットと併用して行ってもらいたいケアといえば、ストレッチです。
膝が痛いと膝を動かさない方も多いですが、それでは膝まわりの筋肉がドンドン低下してしまい、膝関節への負担が増してしまいます。
家の中でできる簡単なストレッチでOKですので、チャレンジしてみましょう。
TVを見ている時や家事の合間などに、こまめに実行してみましょう。
特にオススメのタイミングは、お風呂上りです。
血行が良いので、より高い効果を発揮してくれます。
椅子に座って片足を10cm上げて10秒キープなど、簡単なストレッチでOKです。

・O脚改善
O脚は、膝に大きな負担を与えてしまいます。
O脚は足裏の外側に体重がかかってしまい、膝痛が発生しやすくなってしまいます。
O脚改善にオススメなのが、ストレッチです。
背筋を伸ばして椅子に座り、床に敷いたタオルを肩足の指を使って掴んで、手前に引き寄せます。
左右5回ずつ行い、1日3回繰り返して行いましょう。

・床での生活を改善
床に座るなどの床での生活が多い方は、膝へ大きな負担がかかってしまいます。
床ではなく椅子に座るようにし、布団を敷くのではなくベッドの生活へと切り替えましょう。
立ち上がり時は机や手ぶるに手を付けるようにし、階段の上り下りは手すりを使うようにしましょう。
極力膝に負担をかけないようにし、膝痛改善へとみちびきましょう。

・正しく歩く
正しい歩き方をすることにより、膝痛改善へとみちびくことができます。
正しい歩き方とは、前に足を出した際に膝が伸びている状態です。
膝痛の人は足を曲げて歩く傾向があり、一定の部分にだけ負荷がかかってしまい、膝の皿が不安定になってしまって膝痛を発してしまいます。
背支持を伸ばして腕を自然に降って、膝を伸ばしてかかとから着地して歩くようにしましょう。
歩き方は慣れなので、すぐに慣れることができますよ。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 産後の骨盤矯正

【産後の骨盤矯正とは】
産後の骨盤矯正とは、出産の際に歪んでしまった骨盤を矯正して元の状態に戻すことを指します。
妊娠の際にお腹に赤ちゃんがいることと、出産の際の影響により、骨盤がゆがんでしまいます。
子宮が骨盤から大きくせり出していく、妊娠5~6か月ごろに骨盤内部の圧力が高まってしまい、徐々に骨盤の上部が開いていきます。
その後、出産時に腎痛がはじまると、赤ちゃんが産道を通りやすくなるように、骨盤下部が大きく広がっていきます。
また、帝王切開の場合は骨盤上部が広がり、自然分娩の場合は骨盤上部や下部の両方が広がります。

ゆがんだ骨盤は、出産後徐々に戻っていきます。
そのため、放置したままでもいいと思っているママもいると思います。
しかし、ゆがんだ状態が改善するのではなく、緩んだ骨盤が引き締まるという状態です。
そのため、ゆがんだまま骨盤が元に戻ってしまい、一生ゆがんだ骨盤の状態で過ごしていかないといけません。

ゆがんだ骨盤により、このような症状を発してしまいます。

・腰痛
骨盤がゆがんでいるので、腰の神経に触れてしまい、腰痛となってしまいます。

・肩こり
骨盤がゆがんでいるので、肩の神経に触れてしまい、腰痛となってしまいます。

・ぽっこりお腹
骨盤がゆがんでいるので、お腹がポコッと出っ張ってしまいます。

・生理痛などの女性特有の症状の悪化
骨盤がゆがむことで子宮が正常な位置じゃなくなってしまい、子宮に余計な負担がかかってしまいます。
生理痛や生理不順、不妊症などの、症状を悪化させてしまいます。

・自律神経失調症
骨盤のゆがみの影響で血流が悪くなってしまい、自立神経失調症になってしまいます。

・ダイエットしにくい体質
骨盤のゆがみにより血流が悪くなってしまうので、脂肪燃焼しにくくなってしまい、ダイエットしにくい体質となってしまいます。

・冷え性
骨盤のゆがみにより血流が悪くなってしまい、冷え性となってしまいます。

・内臓の衰え
骨盤がゆがむことで内臓が下の方に下がってしまい、内臓に負担がかかってしまいます。
便秘などの症状を、悪化させてしまうことがあります。

・姿勢が悪くなる
骨盤がゆがむことで、姿勢が悪くなってしまいます。

・尿漏れをするようになった
骨盤がゆがむことで内臓が下に落ちてしまうので、膀胱に影響を与えて尿漏れしてしまうことがあります。

・がに股になった
骨盤がゆがむことで足腰に影響を発してしまい、ガニ股になってしまうことがあります。

出産後には、このような症状が発生してしまうママは非常に多くいます。
それは全て、骨盤がゆがんでしまったことが原因です。
出産したのだから仕方ないと思うかもしれませんが、改善できるのであれば改善したいと思いませんか。
このような産後の嫌な症状を、産後の骨盤矯正で改善へとみちびくことができます。

開いてしまった骨盤や広がった腹筋を正すことで、内臓も正常な位置に戻っていき、正常な機能を発揮するようになっていきます。
疲れにくく痩せやすい、理想の体質へと改善させることができます。
骨盤が正常な可動範囲で動くようになり、骨盤まわりの筋肉に血行が良くなり基礎代謝が上がっていくので、痩せやすい理想の体質へとみちびきます。
出産前の、アクティブで問題のなかった自分へと戻ることができますよ。

【産後の骨盤矯正の方法】
産後の骨盤矯正は、自己流でできるエクササイズもたくさんネット上に掲載されています。
自分で自宅でやってみようと思うママも、多いと思います。
しかし、産後はデリケートな状態なので、自己判断で骨盤矯正のエクササイズを行うことは大変危険といえます。
産後の骨盤矯正は、プロである整骨院や接骨院で施術を受けるようにしましょう。

整骨院や接骨院では、産後のママに余計な影響を与えないように、丁寧に施術を行ってくれます。
プロならではの視点で対応してくれますので、安心してお任せができます。

産後の骨盤矯正は、産後1か月~6か月の間に行うことが理想と言われています。
産後すぐは体質が元に戻っていないので、1か月経ってから行ったほうが体に余計な負担をかけません。
また、産後6か月以上経つと骨盤が締まってきてしまうので、産後の骨盤矯正の効果を得ることができなくなってしまいます。
もちろん、産後6か月以上経っても効果を得ることができますので、産後6カ月以上経っていて産後の骨盤矯正を受けたい方も、整骨院や接骨院に相談してみると良いでしょう。
なるべく、産後6か月以内に受けることを、オススメします。

産後の骨盤矯正は、一般的な骨盤矯正とは違い痛い刺激を与えずに施術していきます。
関節をポキポキと鳴らすような施術は一切行わず、ソフトで気持ちの良い施術を行っていきます。
また、骨盤だけではなく関連している周辺の筋肉へのアプローチもおこない、あらゆる角度から産後の骨盤矯正の効果を発揮させます。

骨盤を安定させるためには、どの整骨院や接骨院でも週1回以上で3カ月ほど通うことになります。
骨盤を徐々に安定させていくためですので、根気よく通って施術を受けるようにしましょう。

産後の骨盤矯正は、このような整骨院や接骨院で施術を受けると便利です。

・駐車場がある
赤ちゃんを連れていかないといけないことがあるので、車で気軽に行ける駐車場付きの整骨院や接骨院が便利です。

・時間に融通が利く
ママは忙しいので、時間に融通が利く整骨院や接骨院が便利です。

・子連れでも来院可能
子供を連れていくママも多いので、子連れでもOKの整骨院や接骨院がオススメです。

・アットホームな整骨院や接骨院
産後ですので、ママはデリケートな状態となっています。
アットホームな整骨院や接骨院であれば、気兼ねなく通うことができます。
産後のママはデリケートですので、居心地が良い整骨院や接骨院だと助かります。

・待ち時間が短い
赤ちゃんがいるので、待ち時間が短い整骨院や接骨院が便利です。
予約ができて、あまり待たない整骨院や接骨院を利用しましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

福岡天神 40肩50肩の症状

【40肩50肩とは】
中高年者がなってしまう肩の痛みの中で、最も多いのが40肩50肩です。
40肩50肩は、多くの場合時間の経過と共に改善していきます。
しかし、対処方法を間違えると悪化してしまい、障害が残ってしまうこともあります。
放置してはいけない肩の痛みですので、軽く捉えないようにしましょう。

40肩50肩とは、医学的に「肩関節周囲炎」と呼ばれている症状です。
40,50と数字が入っていますが、一般的に発症する年齢が違うというだけで、症状は同じです。
40代から発症することが多いので、このような名称が付いています。

40肩50肩は、このような症状を発してしまいます。

・急性期
急性期は、激しい痛みを発する時期です。
ある日突然、腕を動かした際に鋭い痛みが肩に発生します。
ほとんどの場合、片側の肩のみに発生します。
その後、肩を動かすたびに痛みが二の腕や手の先に伝わっていくようになり、シビレを発生することもあります。
ほとんどの場合、数日間で痛みなどの症状は治まっていきます。

・慢性期
急性期の痛みが治まってかラ鋭い痛みへと変化していくと、慢性期の状態となります。
肩を動かすことができる範囲が狭まっていき、肩を上げたり後ろに動かす動きが困難になっていきます。
強い痛みがあるので動かさないようになっていくと、肩の筋肉を動かさないことで曽々木の癒着が発生してしまい、さらに肩が動かしにくくなってしまいます。

【40肩50肩の原因】
40肩50肩の発生の原因は、未だハッキリしていません。
加齢によって肩の関節や筋肉、肩の周辺組織が固くなったり縮んだことにより、炎症や痛みが発生しているのではと考えられています。
それらの直接要因に加えて、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化などの関節要因が重なることで、発症となってしまうといわれています。

40肩50肩が発生しやすい人は、文字通り40歳以上に多くいます。
しかし、近年は30代でも発症することがあるので、注意が必要です。
男女の差はなく、男女どちらでも発症しやすい傾向があります。
左右の発生率についても違いはなく、利き手だから発症しやすいとうこともありません。
若い時にスポーツなどにより肩を酷使して、肩を痛めたことがある人は発症しやすい傾向があるようです。
猫背になりやすい姿勢の良くない人も、リスクが高いと言われています。
また、寝不足や偏った食事などの不規則な生活習慣を送っている人も、40肩50肩が発症しやすいと言われています。

【肩こりと40肩50肩の違い】
肩が痛くなった場合、肩こりなのか40肩50肩かわからない場合があります。
気になる人は、以下のセルフチェック方法を行ってみましょう。

・両方の腕を前から耳の後ろまで真っすぐ上げてみる
・両方の腕を腰に回す
・両方の腕会を頭の後ろの回す

これらの動作を行った際に痛みを感じる、腕を回すことができないなどの弊害が出る場合は、40肩50肩が疑えます。

【40肩50肩になった時の対処方法】
40肩50肩になったら、このような対処方法を取ってみましょう。

・急性期の場合
急に激しい肩の痛みとなった場合、安静にすることが大事となります。
無理に肩を動かすと良くないので、安静にしましょう。
痛みが強い場合は、市販の鎮痛薬を飲むと良いでしょう。
気になる場合は、専門医に診てもらうようにしましょう。

・慢性期の場合
発症してから数日経っても症状が治まらない慢性期の場合は、日常生活の動作を行うように心がけましょう。
肩を冷やさないことが大事であり、湯船に浸かったりカイロや温湿布などで温めて、肩を冷やさないようにしましょう。
寝ている時は体が冷えやすいので、肩が布団からはみ出ないように工夫をしましょう。

【気になる場合は専門医で診てもらおう】
肩の痛みが気になる場合は、専門医に1度診てもらいましょう。

整形外科での診察は、腕を動かしてどのような症状が出ているのかを調べます。
また、レントゲンやMRIでどのような状態になっているのかも確認していきます。

整形外科などの病院では、痛み止めなどの内服薬で改善へとみちびき、痛みが強い場合は注射薬で痛みをやわらげます。
40肩50肩は激しい痛みがでることがあるので、その場合は麻酔薬で痛みを止めることもできます。

ただし、整形外科での治療は、痛み止めの薬が大半なので、効果を得るまでには時間がかかってしまいます。
症状を早く改善させたい場合は、整骨院や接骨院での施術がオススメです。
整骨院や接骨院での施術は、40肩50肩の症状が出ている部分にピンポイントで施術を行うので、速やかな改善へとみちびくことができます。
辛い40肩50肩の方でも、すぐに症状が改善したという声も多く挙がっています。
肩の症状は整骨院や接骨院での施術が効果を発揮するので、オススメです。

【40肩50肩の対処方法】

40肩50肩は、このような対処方法で改善へとみちびいてみましょう。

・振り子運動
慢性期は、振り子運動が効果的です。
痛くない方の手で机にもたれかかり、ペットボトルやアイロンなどの500g~1kgの重さを痛い方の手に持って、腰をかがめて左右にゆっくり振ります。
手に持った重みの影響で、肩のまわりの腱が伸びて症状が楽になっていきます。

・寝るときの姿勢を改善する
枕の影響により、40肩50肩の症状を改善へとみちびくことができます。
枕は首が自然なカーブとなるような高さとし、高すぎないようにしましょう。

・肩に負担がかからない洋服にする
かぶるシャツは脱いだり着る時に肩に負担をかけるので、体の前で開くものがオススメです。
着る時には痛い方の腕から袖を通すようにし、肩に負担をかけないようにしましょう。

・体を温める食事にする
体を温める食事にすると、体を温めることができるので、肩への負担を減らすことができます。
温かい食べ物を口にするようにし、冷たい食べ物や飲み物は避けるようにしましょう。

 

※掲載する情報はあくまで健康豆知識であり、その内容について保証するものではありません。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ