予約フォームはこちら!!
患者様の声

オスグッドの原因は○○だった!改善するための2つのポイント!

夏休みももう少しで終わりですね。学生の皆さんは部活などで忙しいのではないでしょうか?8月末は練習時間が長くなったことやできることが増え楽しくてついつい無理したりすることが多くなる時期でもあります。

そんな中、結構多いのがオスグッド病です。膝の下、すねの出っ張りあたりが痛くなるアレです。運動をすると痛いし、ひどいときは何もしなくても痛いです。

冷やしたり、太もものストレッチをしたりしてよくなるのですが、運動をするとまた痛くなる...そんな経験ありませんか!?実はオスグッド病の原因はそこじゃなかったんです。
今回は、オスグッド病の原因とその対処法についてお話していこうと思います。

 

そもそもオスグッド病とは??

一般的にオスグッドと言われる疾患は、正式には「オスグッドシュラッター病」(以下オスグッド)と言います。すねの膝側、表面で一番出っ張っているところに激しいい痛みを訴える障害です。
この出っ張っている場所を脛骨粗面(けいこつそめん)と言い、ここには太ももの筋肉の大腿四頭筋が腱となってついている所です。成長期にジャンプを伴う運動を行ったり、STOP&GOが多い運動を繰り返し行うと、骨が完全にくっついていないこの部分に大きな負担がかかり、脛骨粗面がどんどん前に出てきます。

最初は痛みがないのですが、次第に強い痛みが出始めます。特に押さえると激痛が走るのが特徴で、正座ができなくなる人が多いです。

スポーツの種目は、バレーボール、バスケットボール、サッカーなどジャンプやダッシュの多い競技に多く見られます。

 

本当の原因は姿勢だった!!

さて、オスグッドの原因なのですが、その前によく言われている治療方法について考えてみないといけません。オスグッドの治療方法は①安静②アイシング③ストレッチが一般的に言われている治療方法です。これだけだと再発してしまう可能性が非常に高いです。なぜか!それは根本的な原因が治っていないからです。その原因は、競技中の姿勢にあります。

バレーボールやバスケットボールをしているオスグッドの子供たちに、レシーブやディフェンスの構えをしてもらうとある共通の姿勢になっていることが分かったのです! それは…

腰から背中が丸くなっている、いわゆる猫背、それもかなり強めの。

なぜ、この姿勢が悪いのか。それは、大腿四頭筋の負担を助長してしまうから。図1のように実際に膝を曲げながら、腰を落とし背中を丸くする姿勢をやってみてください。太ももがパンパンになりませんか?負担がかかるにも関わらず、多くの選手がその姿勢になってしまっているのです。いくら安静にして、炎症を取って、柔軟性が向上したとしてもこの癖が治らない限り、かなりの確率で再発してしまいます。

図1 不良姿勢

 

改善ポイント①骨盤前傾運動

原因がわかったら、それを改善しなければなりません。一つ目のポイントは、骨盤の前傾運動です。骨盤は前後の運動を行うことができます。オスグッドの子供たちは、この前傾運動がうまくできません。
骨盤が前傾すると、大腿四頭筋の緊張が緩み脛骨粗面にかかる負担が軽減されます
そのための運動をご紹介しましょう。

トレーニング1 骨盤前傾運動

図2のように椅子に腰掛け、腰を前に突き出す運動です。慣れてきたら立ってやると運動中の姿勢に近い状態でやることができます。

図2 前・後傾(上:前傾 下:後傾)

トレーニング2 腸腰筋(特に腸骨筋)を鍛える。

腸骨筋は骨盤から大腿骨についていて股関節を曲げる働きや、骨盤を起こす働きがあります。図3のように骨盤を起こした状態で股関節を曲げる運動をすることで鍛えることができます。

図3 腸骨筋エクササイズ

2つとも10回を1セットとしてまずは3セットを目安にやってみてください。少しずつ体に変化が出てきますよ。

改善ポイント②胸・腰椎の可動性

骨盤の動きがよくなれば、胸・腰椎の動きも出していかなければなりません。
脊柱はもともとS字カーブを描いているのですが、オスグッドの人たちはこの動きがうまくできていないことが多いです。これを改善するための運動を1つご紹介します。

図4のように四つ這いになり息を吐きながら背中を丸めます。次に息を吸いながら背中を反らし、腰を前に突き出すようにする。特にこの骨盤を前に突き出す運動を意識してみてください。図5のようにお尻が動いたりしてしまうとよくありませんので注意してくださいね!

図4 四つ這い

図5 悪い姿勢

 

ストレッチも大事ですが...

ストレッチは確かに重要です。ただし、それだけではなかなかよくなりません。痛みや炎症が強いときは、安静にしてしっかり冷やし、痛みが落ち着いたらストレッチ+運動を是非やってみてください。かなり変化がでて、スポーツのパフォーマンスも上がります!

いかがだったでしょうか?根本的な原因が姿勢にあったことを知らない方も多かったでしょう。オスグッドを発症する年齢は、身体機能、技術共にまだまだ発展する時期です。今までの考え方を少しだけ変えてみて、少しでも早くスポーツ復帰できるように頑張りましょうね!

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

怪我で悩むダンサーへ。原因と予防法について。

ダンサーにとって怪我はつきもの。膝、足首、股関節、腰・・・。
さまざまな箇所に不安を抱えながら踊っている人は少なくないと思います。

img_12

では、何故怪我をしてしまうのでしょうか?

 

ストレッチ不足でしょううか?
変な体の使い方をしてているからでしょううか?

 

以前にも「スポーツ障害の原因と予防法について」で十分なストレッチの重要性については触れました。

スポーツ障害の原因と予防法について

では具体的にダンサーに必要なストレッチのポイントはというと。

 

☆レッスン前のポイント☆
まずは、ストレッチの前に体を温め、自分の体をニュートラルに戻しておく事が大切です。
これから寒くなる冬はもちろんですが、実は夏場もクーラーで体は冷えていることが多いもの。
ウォーミングアップを行い、十分体を温めてからストレッチを行いましょう。

 

そして重要な事はこの、『体をニュートラルに戻しておく』という事。
変な体の使い方をしていたから故障したのではなく、

 

動かない体で踊っているから故障するのです!
そして、その動かない体の癖は、実は日常生活に潜んでいることが多いのです。

 

日ごろの座り方、歩き方、カバンの持ち方、運転の姿勢等で体は歪みを起こします。
その歪みがあるまま、動かない体で、繰り返し練習する事で、膝や足首など一定の箇所に負荷がかかり怪我につながります。
またその怪我をかばう事で、また別の場所に負荷がかかってしまい、新たな故障をうんでしまう。
という悪循環を経験している方もいるのではないでしょうか?

 

踊り方を見直す前に、まず体の歪みを整えることが上達への近道といっても過言ではありません。

 

実際施術を受けたダンサーから
「苦手だった右回転のターンがスムーズに出来るようになった」
「体が上手く引きあがるようになった」
「軸がしっかりしてきた」
という声が聞かれます。

 

juliette-v1

故障を防ぐ為だけでなく、レッスンで最大限の力を出す為にも
『体をニュートラルに戻しておく』という準備が大切なのです。
大切なレッスンを受ける前にはしっかり体の調整をしておく事をオススメします。

 

当院では、あなたの歪みを引き起こしている原因を見つけ、その人に必要な練習前のストレッチ方法・練習後のケアの方法等をしっかりお伝えします。
現在、HIPHOPやベリーダンス、社交ダンス、タップダンス、フラダンス、ロック、バレエ等々
プロダンサーからダンス愛好家の方までさまざまな方が当院で治療を受けています。

 

自分の生活を見直す事は体作りの基本です。
踊っていたら怪我はつきもの、痛いのは仕方ないと思っていませんか?

 

骨盤王国で体を整え、痛みを気にせず、思い切りダンスを楽しみましょう。

 

ご予約のお電話はいますぐ
092-725-1558
まで。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

スポーツ障害の原因と予防法について

急に寒くなり、冬の足音が聞こえ始めましたが、皆さんスポーツの秋は満喫できましたか?
寒くなってきたし、何か始めようと思っている方も多いかもしれません。

1-A-NSI753

先日は第一回福岡マラソンが開催されましたね。
当院にも大会に向けてたくさんの方が調整に来院されました。
大会後「無事完走しました」「自己ベストが出ました」との報告が次々と届いており嬉しい今日この頃です。

 

当院には、
□健康の為ジムに通い始めたけど、逆に膝を痛めてしまった
□痛みが続いて練習に集中できない
□ゴルフで腰を痛めた
□左右で足の上がり方が違うのが悩みというダンサー
□柔軟性を上げてスポーツのパフォーマンスを上げたい
□一度怪我をした後、不調を繰り返している
などなど

 

 

 

 

あらゆるスポーツについての相談がよせられます。

 

そもそも、スポーツ障害とは
スポーツ中のアクシデントによる外傷(勢い良く人とぶつかったり、転んだりした際に起こる怪我)とスポーツを続けることによって、オーバートレーニングなどでおきる体の不調の総称です。
使いすぎなどで起る慢性の障害で、一般的には比較的弱い力が運動器の同一部位に繰り返し加えられることによって起ります。

image_559172

一生懸命に練習をして、疲労が回復しないうちに、また練習を重ねると、徐々に疲労がたまり身体に負担がかかり、ついには炎症等を起こしてしまいます。

 

ですから通常は、十分休養をとる事と練習前後の十分なストレッチで筋肉の疲労などを軽減する事が基本です。
しかし、同じように練習しているのに、スポーツ障害になる人とならない人がいますよね?何故だと思いますか!?

 

これは、身体の使い方と日常生活に問題があるんです!!!
体が歪んで軸がぶれている人は、そもそもバランスが悪いので正しいフォームでプレー出来ません。

 

日常生活でも、体がアンバランスなので不自然な負担がかかりますし、それに輪を掛けてスポーツで負荷をかけることにより、スポーツ障害を起こしやすくなります。

まずは、生活習慣から来る体の歪みを見つけ修正することが、故障しない体作りの第一歩。

 

全身の循環を改善し回復力を高める為の土台作りと、繰り返し負担がかかってる箇所の疲労を軽減し、
その人にあった自宅で出来るストレッチの方法もお伝えしています。

 

痛み改善するだけではなく、スポーツのパフォーマンスが変わりますよ!
最近、スポーツの成績がいまいち伸びないと悩んでいる方も必見です。

 

サッカー、ゴルフ、マラソン、ダンス、水泳、ボクシング等さまざまなスポーツで活躍中の方が効果を実感されています。

 

感想の一例として
「思った通りに体が動く」
「体が疲れにくくなった」
「バランスがよくなった」
「思い切りプレー出来るようになった」
などの声が多数寄せられています♪

 

□より長く大好きなスポーツを楽しみたい方
□より高いパフォーマンスを発揮したい方

 

骨盤王国にお任せ下さい。
空手にボクシング、サッカーに社交ダンスなどなど
スポーツが大好きな王国スタッフがあなたをしっかりサポートします!

 

ご予約は、今すぐお電話で!
092-725-1558

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ