予約フォームはこちら!!
患者様の声

歩くたびに右足を引きずり同時に痛みもある

歩くたびに右足を引きずり同時に痛みもある

 

数年前から歩くたびに右股関節が思うように動かなくなり、足を引きずってあるくようになったとのことで、お嫁さんとご一緒にご来院された70歳の女性。実際に、歩いていただくと、確かに右股関節の動きが非常に悪く足を引きずっておりました。また、患者自身は気がついておりませんでしたが膝も全く動いておらず、患者にその様子を確認いただく為に動画を撮り、その様子を見てビックリされておられました。今後は一刻も早く、足を引きずらず痛みも取りスムーズに歩けるようにしたいとのことです。

 

【お悩み】

□足を引きずり痛みもありスムーズに歩けない

□ご主人との日課の早朝散歩が出来ない

 

【よくなったら一番先にやりたい事】

□以前のように、ご主人と朝5時から1時間程度の早朝散歩をして、おいしい朝食を食べたい

 

【可動域検査】

□左腕挙上制限

□腹部の強い張り

□仙腸関節可動域制限

 

以上が主な検査結果です

 

【1回目の治療日】

本日が1回目の治療。まずはじめに、内臓治療を施しました。腹部の強い張りは一気に取れたので、その後、首と左背中の筋膜治療を施しました。左腕挙上制限も解除されしっかりと動き始めました。

 

【2回目の治療】

本日が2回目の治療。お腹の張りと、左腕挙上制限が戻っていました。本日は全身の筋膜の調整を軸として治療をしました。

 

【3回目の治療】

本日が3回目の治療。前回同様の治療を施しました。

 

【4回目の治療】

本日で4回目の治療。各種可動域検査から始めました。今まで引っかかっていたお腹の張りと、左腕挙上の制限は全く問題ない状態になっておりました。右股関節の動きもよく、少しずつ足の痛みや引きずり具合も軽くなってきているとのことです。本日は、骨盤矯正を施しました。その後、全身の筋膜調整を施しました

 

【5回目の治療】

本日で5回目の治療。各種可動域の制限は特になく本日も全身の筋膜調整を施しました。

 

【6回目の治療】

本日で6回目の治療。前回の治療後から凄く調子がいいとのことでした。本日も各種可動域検査から開始しました。特に目立った異常もなく本日も全身の調整を施し、その後、脳脊髄液の調整を施しました。次回は、これまでよりも日数をあけて来院するように伝えました。

 

【7回目の治療】

本日で7回目の治療。前回の治療から3週間が経過しました。状態も安定しているとのことです。各種可動域検査の異常も認められず順調でした。本日も全身の調整を施し今後は経過観察のために月に1度のメンテナンスをお伝えし、今回の治療はこれにて終了です。

 

 

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

あぐらの体勢で股関節付近に強烈な痛みがでる

あぐらの体勢で股関節付近に強烈な痛みがでる

 

ヨガをしている40代女性患者。2年前からヨガをはじめ様々な動きの中、股関節付近の痛みがあるとのことで、徐々に痛みの強さも増してきているとのことで来院されました。最近では、あぐらの体勢をつくるときに強烈な痛みが出て来始めたとのことで、病院にも行ってみたそうですが特に異常はないと告げられたとのことです。しかし、その後も状態は変わらず健康の為にヨガを始めたにも関わらず近頃では全くヨガを楽しめないとのことです。

慢性腰痛を改善したがために始めたのがヨガだったとのお話しも伺えました。腰痛もまだあるとのことでしたが以前よりは凄くよいとのことで、今はとにかく、右股関節付近の強烈な痛みを治したいとのことでした。

 

【お悩み】

□右股関節付近の痛みが強く、ヨガを楽しめない

 

【可動域検査】

□右股関節可動域制限

□腰椎可動域制限

□仙腸関節の変異

□下腹部の強い張り

□筋力検査で右足が上がらず力も十分に入らない

 

【1回目の治療】

本日は初めての治療。下腹部に強い張りが認められたため患者に改めてお話しを伺うと、子供の頃に腸の手術をしたとのことでした。全身の循環にも大きく影響していたため、本日は今後の治療の土台作りにまず、全身の筋膜の調整治療を施し循環をよくしました。各可動域制限の変化は認められませんでしたが、下腹部の強い張りがわずかに取れました。思った以上に全身の循環が悪いと判断出来たため、患者には明日も治療に来るように伝えました。

 

【2回目の治療】

本日は2回目の治療。下腹部の強い張りが戻っていました。再度、検査を重ねた結果、頭が非常に硬い状態でした。更に、検査を重ねた結果、脳脊髄液の調整の治療を施しました。その後、仙腸関節の状態を確認するとわずかに歪みが取れ、同時に下腹部の強い張りに対しての確認も行ったところ前回よりも大幅に張りが取れました。そこで、足の筋力検査を行ったところ、患者自身が分かるほど明らかに足が上がるようになり力も入るようになりました。

 

【3回目の治療】

本日は3回目の治療。前回の治療は昨日です。まずは、下腹部の張りを確認しました。初めての治療の時は筋膜調整を施しあっという間に下腹部の張りが戻ってしまいましたが、前回は再検査の結果、脳脊髄液の調整を施しました。そして本日。前回の治療後からの下腹部の状態から変わりはなく、良い状態は維持されていました。本日は、前回脳脊髄液の治療を施したことにより、頭蓋の治療を施しました。各可動域の制限が徐々に解除されてきました。

 

【4回目の治療】

本日で4回目の治療。前回の治療後から少し痛みが取れてきているような感じがするとのことでした。下腹部の張りも落ち着いてきております。本日は、初めての治療同様、全身の循環調整のため筋膜の調整を施しました。更に、下腹部の張りが取れました。また、各可動域の制限にも変化が出て来ました。ここまでは、頭蓋と脳脊髄液によって、下腹部の張りが出ていた事が分かります。

 

【5回目の治療】

本日で5回目の治療。痛みはまだまだありますがヨガのとき特に体重移動がしやすく体が今までよりも軽く感じるとのことでした。本日は足に更に力は入るように仙骨(骨盤)の調整を施しました。主に首の付け根と後頭骨の治療です。腰椎可動域制限と股関節可動域制限に対して大きな変化がでました。

 

【6回目の治療】

本日で6回目の治療。日に日に右股関節の痛みがとれてきているそうです。本日も再検査から開始しました。各可動域制限は前回治療後よりも大幅に動くようになっております。自然治癒力に働きが改善されてきていることが分かります。しかし、まだ腰椎可動域だけ制限が酷くかかっております。検査の結果、内臓の治療を施しました。腰椎可動域制限は完全に取れました。一つの治療の効果がお体に入りやすくなってきていることが分かります。

 

【7回目~9回目の治療】

本日で7回目の治療。調子は益々いいようです。腰椎可動域制限も前回治療後よりも更によくなっております。ここでいっきに改善するために、本日から3日間、毎日治療に来ることをお伝えしました。本日から3日間は、全身の筋膜中心の治療を施しました。

 

【10回目の治療】

本日で10回目の治療。前回9回目の治療から経過観察のために1ヶ月が経過しました。

調子も非常によく安定しているとのことです。可動域検査にも問題なく、本日で当院の治療は終了しました。

 

良くなったよかったですね。ヨガを存分にお楽しみ下さい。お大事に。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

歩くたびに左の踵の裏に激痛が走る

歩くたびに左の踵の裏に激痛が走る

 

半年前から、歩くたびに左の踵の裏に激痛が走るということで来院されました。特に思い当たるふしはなく、以前に整形外科に行ってみたけれども問題がないと言われ、そのまま毎日を過ごしていたそうです。そのうち、痛みもなくなるだろうということでその後は特に何もせずに今に至るとのことでした。仕事では、ヒールを履き長時間立ち仕事ということでこの半年間痛みに見舞われる毎日をそろそろ何とかしたいとのことで来院されました。

 

【悩み】

■仕事中の踵の痛みが辛い

■休みの日に子供達とかけっこをするときに痛くて困る

 

【可動域検査】

■右仙腸関節可動域制限

■右足首可動域制限

■右中足骨可動域制限

 

【初めての治療】

本日は初めての治療日。お体全体も張った感じがあるということで、まずは土台作りに全身に筋膜の調整を施しました。可動域検査で可動域制限がかかっている部位の動きが少し改善されました。全身の張りも取れました。

 

【2回目の治療】

本日は2回目の治療。お体全体の張りは消えておりましたが、まずは循環を上げるために全身の筋膜調整を施しました。その後、右中足骨の柔軟性の治療を施しました。患者に改めてお話しを伺うと、10年以上前に右足の小指を骨折したとのことでした。治療後、右中足骨可動域制限は解除され同時に右足首可動域制限も改善されました。

 

【3回目の治療】

本日は3回目の治療。これまで同様、全身の循環を上げるために筋膜の調整から施しました。その後、患者より、前回の治療後から左踵の痛みが嘘のように消えているとのことでした。再度、右中足骨と右足首可動域の制限の検査を行い少し戻りが認められたため、前回同様治療と共に更に深い原因を探し治療を施しました。

 

【4回目の治療】

本日は4回目の治療。前回の治療後から本日まで痛みも完全に消えており、同時に足先の冷えが気になる事がなかったとのことです。本日は、右仙腸関節可動域制限の改善に向けた治療を施しました。かねてから、階段の上り下りの時に足に力が入らないとの訴えもありましたので治療前に筋力検査も行いました。右仙腸関節可動域制限の治療に頭蓋の治療、特に後頭骨の治療を軸に施しました。可動域制限も改善され両足に力が入るようになりました。

 

【5回目の治療】

本日は5回目の治療。毎日足もぽかぽかして足腰が凄く軽いと喜んで来院されました。肝心の踵のお悩みも改善されており、各可動域再検査も問題ありませんでした。

 

【患者の根本】

左足踵内側面痛みを訴えて来院されましたが、患者の根本原因は10年前に右足小指骨折がきっかけとなり、主に右中足骨に異常が発生しその後、上部にも可動域制限が入り症状を訴えるようになっておりました。つまり、左足踵内側面の痛みの根本原因は右足中足骨でした。

 

 

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

首の付け根の痛みと、頭痛薬を常備。2回の治療で改善。

首の付け根の痛みと、頭痛薬を常備。2回の治療で改善。

 

 

頭痛薬を常備し始めて5年以上が経過した45歳の女性。日常の生活でも首の付け根から痛みやしめつけ感があり頭痛薬も肌身に離さず持ち歩いているとのことでした。仕事中や家事の最中にも酷い頭痛にみまわれ本当に辛いとのことでした。

 

【お悩み】

□とにかく毎日の頭痛が辛い

□頭痛薬を飲まないようにしたい

□首の付け根が痛いので首が思うように動かない

 

【可動域検査】

□手首の可動域制限

□首の可動域制限

□頭の重さと硬さ

 

【初治療】・・・H28年3月18日

まずは、手の治療を施しました。手首と首の可動域制限が解除されました。尚、患者自身にも首を動かすように伝えると痛みは消えたとのことでした。頭の重たさは、脳脊髄液の治療を施しました。これで、本日の治療は終了。

 

【本日、2回目最後の治療】・・・H28年4月9日

本日は2回目の治療。まずは再検査。異常はなし。前回の治療後から本日まで約3週間が経過しましたが、これまでは毎日のように頭痛薬を飲んでいたにも関わらず、今回は本日まで一回も頭痛薬を飲まずに済み数年ぶりに快適な毎日が過ごせていますとおっしゃっていました。本日の治療は筋膜レベルでの微調整で済みました。

 

小顔矯正もしてみたいとのことで、今後は、その治療を施すこととなりました。

とにかく、今回のお悩み解決して本当によかったですね。

 

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

頚椎腰椎ヘルニアにて病院等7箇所いくが改善せず。当院で5回の治療で完治

頚椎腰椎ヘルニアにて病院等7箇所いくが改善せず。当院で5回の治療で完治。

 

合計5回の当院の治療で首と腰の痛みが完治しました。この患者はヘルニアと診断され病院や治療院など合計7箇所も行ったそうです。数ヶ月間通い詰めた時もあったそうですが、いつも、その日のうちに首と腰の痛みがぶり返し、痛みや痺れのあまりここ数年間朝まで目が覚めることなく深い睡眠が出来たことはなかったそうです。また、仕事中に後ろを振り向く動きや上を向く動作が多く、その度に首腰腕への痛みと痺れが出るそうです。最近では手の力も上手く入らず、またつまずくことも増えてきた感じがするとのことでした。日常のありとあらゆるシーンで不自由なお体の状態にあるとのことで、どこに行っても全く改善されずにほとほと困ったあげくご紹介で来院されました。

 

【お悩み】

□首が思うように動かすことが出来ない

□動かすと痛みや痺れがある

□腰も同様の状態である

□仕事に影響が出ている

□手などにも力が入りづらくなり物をよく落とす

□今後が不安である

□4月の群馬への転勤までに何とかしたい

 

【可動域検査】

□首可動域制限と痛みならびに痺れ

□仙腸関節可動域制限

□脊柱柔軟性極度の制限

 

【初めての治療】・・・H28年2月27日

検査後、内臓治療を施しました。患者自身がビックリされており首の痛みが完全に消えました。尚、首の可動域アップも認められました。

 

【2回目の治療】・・・H28年3月4日

本日は前回の治療から6日が経ちました。首の痛みは少し戻っているとのことです。首の可動域制限も少し戻っていました。前回同様、今回も内臓治療を施しました。前回の治療では少し戻ってしまったことにより、今回はより細かい内臓治療を施しました。

 

【3回目の治療】・・・H28年3月10日

本日は前回の治療から6日が経ちました。首の痛みは前回よりも調子が良いとのことでした。首の可動域制限もかかっておらず、前回の治療後よりも自然と脊柱の柔軟性が出てきておりました。また、腰の痛みも少しずつ軽くなっているとのことです。本日は、脳脊髄液の調整を施しました。

 

【4回目の治療】・・・H28年3月15日

本日は前回の治療から5日が経過しました。首や腰の症状、ならびに手の力も入るようになっているとのことです。仙腸関節の動きもスムーズになってきており首の可動域ならびに脊柱の柔軟性も前回よりも更にアップしておりより改善されておりました。本日は再び内臓の治療と脳脊髄液の調整、頭蓋の治療を施しました。

 

【最後の治療】・・・H28年3月25日

本日は前回の治療から10日が経ちました。自覚症状のぶり返しも一切なく日に日に勝手によくなっているとのことです。各種検査結果も異常ありませんでした。本日は体液循環をより上げるための治療を施しました。本日で、治療は終了です。

日常生活が楽になって本当に良かったですね。群馬でこころおきなくお仕事頑張って下さいね。お大事に。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

交通事故の後から左肩と頭痛が激しい その原因とは

交通事故の後から左肩と頭痛が激しい

 

本日で、4回目の治療。私の子供が通っている小学校校区にお住まいの50代女性患者への治療。我が子のクラブ活動にたまたま出席したことを機にお体の悩みに対してのボランティア活動が始まりました。その一部を今回はご紹介させて頂きます。

 

その女性は、2年前に自動車を運転中、信号待ちをしているときに後方からトラックに追突され病院へ搬送されたとの事でした。

左肩や左肩甲骨付近に刺す様な痛みがあり、どのような時にそのような自覚症状がでるのかと伺うと、どのような動きでも痛いのはもちろんのこと、何もしなくても痛いとのことでした。座っているだけでも常に刺すような痛みが付きまとい日常のありとあらゆる場面で困るとの事です。また、事故前は頭痛はなかったのにも関わらず事故後からはいつも頭が重く毎日毎日頭痛に悩まされているとの事でした。事故後から、これまでに経験したことのないお体の不調、このことによってまともに睡眠も取れなくなっており血圧にも影響が出てきているとのことでした。

 

 

 

【お悩み】

□とにかく左肩や肩甲骨付近が刺すように痛く重たい

□このことで日常生活に多々支障が出ている

□仰向けで寝ると肩甲骨や首が重たく、うつ伏せで寝ると首が回らず痛い

□横向きで寝ると少し楽だが、自覚症状はますます酷くなる

□横向きにしか寝れず寝返が出来ないので、体全体が固まって凝っていくのがわかる

□睡眠が取れないので疲れもとれず、血圧も高くなってきた

□いつも頭が重たく頭痛も激しい

□座位でも立位でも、横になってもどんな体勢でも肩を主にして辛いので休息がとれない

□何箇所も病院へ行ったがどこに行ってもいつも原因不明で、整骨院に行っても腹部に振動のある装置をつけられたり、時には電気をあてられるだけで一年以上改善しない

□このまま自分の体がどうなっていくのか今後が凄く不安

 

 

 

【可動域の検査】

□頭が異常に重たい

□左肩甲骨可動域制限

□首回旋制限

□脊柱特に胸椎の可動域制限

以上が主な検査結果

 

 

 

【一回目の治療】・・・平成28年1月5日

検査結果から、そんなにも難しい治療ではないと思いました。本日はまず初めに、全身の循環をあげるために全身の筋膜の調整を行いました。今後の治療を効果的にするためです。よくよく話しを伺うと、むくみが酷くお体の冷えが昔からあるからとの事だったからです。鼠径部を中心として治療を施しました。上記、検査の変化に対して緩みが確認されます。自覚症状の変化はまだここではありません。

 

 

 

【二回目の治療】・・・平成28年1月8日

本日は二回目の治療日。前回は、今後の治療の効果を有効的にするために全身の筋膜の調整を施し全身の循環を上げました。今回は、まずは前回同様の治療を施し、その後、脳脊髄液の調整を施しました。第一次呼吸の問題があると判断したからです。脳脊髄液の調整は頭蓋の矯正を目的とし、その様な時に有効な方法でもあります。治療後、上記検査内容の変化を確認後良好な変化を確認できました。患者に、体感覚の状態変化の確認を促すと、目がすっきり感を鼻の通りがよく頭と体が嘘のように軽いとのことです。

 

 

 

【三回目の治療】・・・平成28年1月11日

本日は三回目の治療日。本日は、前回検査内容に対して改善されていた、頭の異常な重たさ・首回旋可動域制限の再検査から開始致しました。共に良好でした。その後、脊柱特に胸椎の可動域制限の治療を施しました。事故時に後方から追突された時に脊髄時に胸椎に大きな負荷がかかったのではないかと思われます。その結果、内臓への神経の働きが悪くなり、腹部全体の硬さが目だっているのではないかと判断しました。治療と同時に要確認のために検査も重ね、その結果、軸を肝臓に置いた治療を施しました。その結果、検査でも胸椎の硬さは完璧に消え、患者の自覚症状の体感としても左肩ならびに左肩甲骨内側縁付近の刺すような痛み、また重たさも完全にないとのことでした。

 

 

 

【四回目の治療】・・・平成28年1月15日

本日は四回目の治療日。本日も検査から開始です。上記検査内容の異常は前回の治療によって自然とより改善せれておりました。本日はこれまでの治療を総合的に施し終了です。

患者本人の自覚症状も全て解決し、睡眠も安定しているとのことでした。あとは、血圧のこともあるので様子をみるように伝え、三月に確認のために診ましょうと言い残し本日はこれで終了です。

 

 

 

追伸

平成28年3月8日・・・その後の経過も良好で血圧も安定しているとの事でした。検査も問題なく良好でした。本当によかったですね。

 

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

妊娠4ヶ月目にして、腰痛と尾骨付近の痛み

妊娠4ヶ月目にして、腰痛と尾骨付近の痛み

本日で2回目の治療。30代前半の女性。2年前に初めての出産を経験し、今新たな命を授かって4ヶ月目ということでした。一人目のときには経験しなかった腰痛や尾骨付近の痛みがあるとのことです。特に、朝起き上がろうとする時の痛みが酷くなかなか起き上がれないということでした。また、長時間座っていると尾骨付近に違和感を感じ更に長い時間座っているとちくちくした痛みを伴うということでした。更にその状態から立ち上がろうとする際は激痛が走るようになっているとのことでした。産婦人科で相談したもののこれといったお話しをいただけることがなく、でも自覚症状は日に日に強くなってきており、家事育児に影響が出てきているとのお悩みで来院されました。

【お悩み】
□起床時、腰と尾骨付近が痛くうまく起き上がることが出来ない
□長時間座ることが出来ない
□座った状態から立ち上がろうとするときに痛くて困る
□家事育児にも影響が出始めておりこれからもっと酷くなるのではないか不安
□治療頻度として、遠方につきまた、妊娠4ヶ月ということもあってお車で高速道路を長時間運転して来院することが不可能なため、自宅でも出来ることを教えて欲しい

【可動域検査】
□仙腸関節制限
□左腕挙上制限
□左手関節制限

【初めての治療】・・・H28年2月24日
検査後、左腕の治療を施しました。明らかに右手よりも左手関節の動きが悪い状態になっており、その後も当院独自の検査を用い患者にも少し協力をしていただきながら、更に深い検査を行っていきました。その結果、左腕に原因があったことは確かであるが、その中でも左手に大きな原因があると分かりました。手でも更に原因を調べるために検査を重ねた結果、左手屈筋支帯の異常が主な原因であると判断できました。左手屈筋支帯治療後、患者本人に自覚症状の変化の有無を確認するとほぼ完璧に近いほど痛みが消えたとのことでした。
その後、左腕全体と左鎖骨部までの微調整も施し再度自覚症状の変化の有無を確認していただいた結果完全に良くなりました。また、左腕挙上制限ならびに左手関節制限も解決されております。治療後、患者に改めて話しを聞くと、小学生の頃鉄棒をしているときに砂場に落ち左肘を骨折したとのことでした。また、ここ最近は一人目のお子さんの抱っこを左腕でするとのことでした。おそらく、抱っこをすることで何らかの負担が左肘にかかり、昔の左肘骨折の古傷への影響とともに左手屈筋支帯への影響が出てしまったのではないかと考えられます。そして、正中神経を軸に腕神経叢の治療を施した結果、腰痛と尾骨付近の痛みが完全に消えたと考えられます。自宅では、常に左手と左腕を主にケアーするようにとお伝えし本日はお帰りいただきました。

【2回目の治療】・・・H28年2月27日
本日は2回目の治療日。前回の治療後から自覚症状がぶり返すこともなく、自宅でのケアーも頑張っているとのことでした。再度検査をすると、仙腸関節制限が残っていました。左足の治療を施しました。結果、仙腸関節制限は無事に解除されました。それに伴い患者自身の体感覚としては体が軽くなったとのことでした。起き上がりがよりスムーズになり、自宅でのケアー追加をお伝えし本日はお帰りいただきました。患者より、遠い行けど1ヶ月に1回くらいしか来れないけど治療していただけますかと質問を受け、更に、産後の骨盤矯正希望の申し出を頂きました。

元気な赤ちゃんを産んで下さいね。心より応援しております。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

交通事故後から、座った状態から立ち上がると腰が痛い

交通事故後から、座った状態から立ち上がると腰が痛い。

本日で5回目の治療。患者さんは30代の女性。6年前に乗用車を運転中に、信号待ちをしている際後方よりトラックが追突。救急車で病院に運ばれたものの幸いにも軽症で特に異常はないと言われたそうです。しかし、軽いむち打ちを起こしているとのことでしばらくの間、病院に通院はされたとのことでした。その後、しばらくの間なんともなく基本的に健康的な毎日を過ごしていたとのことでした。しかし、交通事故に遭遇してから約2年が過ぎた頃、家族で海水浴に行った帰り道今までに経験したことのない激痛が腰に走ったとのことでした。後日、整形外科での受診では何も異常はなく、整骨院でも診てもらったとのことでしたが特に異常はなくただの疲労からくるものではないかと言われ、定期的に受診されていたとのことでした。しかし、日に日に腰の症状は悪化していき、朝ベットから起き上がるときや仕事中に椅子から立ち上がる際の痛みに耐えかねて当院に来院されました。

【お悩み】
□仕事中、長時間椅子に腰掛けている。立つ時に激痛が走る。
□朝起きるときに腰に激痛が走る。
□顔を洗う時などに中腰になると激痛が走り今にも腰が抜けそうになる。

【可動域検査】
① 頭が重たい
② 首の回旋が弱い
③ 仙腸関節可動域制限がある
④ 脊柱が硬直
(上記①~④は、主な検査結果とする)

【1回目の調整】
本日が1回目の治療日。約20分ほどの問診後、検査に入ろうと一旦立ち上がってもらおうと思い声をかけるが明らかに座位から立位になる動きが遅く、右手を腰にあてながら立ち上がりました。本日は全身の体液循環を上げるために全身の筋膜の調整のみをしました。治療後、検査結果に対しての変化はまだないが、呼吸が少し楽なような気がするとのことでした。

【2回目の調整】
本日が2回目の治療日。前回の治療後はいつも以上に深い睡眠が取れたとの事。本日も前回同様検査から開始。尚、前回よりも座位から立位になるときの動きがスムーズになっていた。検査では前回より脊柱の硬直が解除されていた。本日は、前回同様の施術ならびに、脳脊髄液の施術を施した。結果、脊柱の硬直が更に解除され同時に仙腸関節可動域制限も解除された。

【3回目の調整】
本日が、3回目の治療日。前回同様、夜目が覚めずに朝までぐっすり寝れるようになったとの事。それと平行して頭痛の頻度が減っているような気がするとの事。また、座位から立位になるときのズキンとした痛みが緩和しているように思えるとの事。本日も検査から開始。脊柱の硬直と仙腸関節可動域は前回の治療後よりも自然と更に改善していた。本日は、前回同様、脳脊髄液の微調整と全身の筋膜調整を施した。

【4回目の調整】
本日が、4回目の治療日。元々の自覚症状の、仕事中、長時間椅子に腰掛けていると立つ時に激痛が走る。朝起きるときに腰に激痛が走る。顔を洗う時などに中腰になると激痛が走り今にも腰が抜けそうになる、といった自覚症状は嘘のようになくなったとのこと。本日も検査から開始。頭の重たさも消え、首の回旋や仙腸関節可動域、ならびに脊柱の硬直も改善されていた。本日は、全身の体液循環の施術を施すのみ。次回は、経過観察のために3週間後に診せに来ていただくように伝え本日は終了。

【5回目の調整】
本日が、5回目の治療日。自覚症状がぶり返すことなく前回の治療から本日までの間、安定していたとの事。検査でも特に異常は見つからず本日で卒業していただきました。
この患者さんは、交通事故により腰痛を発症してしまいましたが、主な原因は脳脊髄液でした。

完治してよかったですね。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

右肩が痛く、腕があがらない。8回の治療で根本的に完治。

右肩が痛く、腕があがらない。8回の治療で根本的に完治。

本日で8回目の治療を受けた40代の女性。右肩の痛みが酷く、その痛みのあまり腕がまったく上がらず動かせないとの事。4年ほど前から自覚症状があらわれ勤務先の病院やいくつかの病院にも行かれましたが原因も特定できずに、整骨院で電気治療などを行い、最近ではマッサージや鍼治療など気の向くままにその場しのぎの治療を受けていたそうです。こちらの患者さんは看護婦さんで日々の生活リズムもバラバラで、労働環境も苛酷とのこと。ということで、私が以前に診た患者さんからのご紹介で当院に来院されました。

【お悩み】
□上記自覚症状により仕事に支障がある
□自宅での家事ができない
□パソコン入力作業の時すら激痛が出るようになった
□荷物を持つと、上腕に痛みが走る
□うがいなど上を向くと首が痛いから、まともにうがいすら出来なくなってきた

【可動域検査】
① 右腕挙上可動域異常あり
② 上記時、酷い痛みがある
③ 左仙腸関節可動域異常あり
④ 首回旋異常あり
(上記①~④は、主な検査結果とする)

【1回目の調整】・・・12月16日
本日が1回目の治療日。右肩の痛みが酷く、その痛みのあまり腕がまったく上がらず動かせない状態を今後は治していきます。本日は、まず、左仙腸関節可動域の異常に対しての治療を施します。主な原因は頭蓋と判断しました。お悩みを解決するために、頭蓋の調整を施し仙腸関節可動域を正常にします。結果、左仙腸関節可動域制限がわずかに正常になり、同時に右腕挙上可動域もわずかにアップ。次回は、状態確認後、おそらく今回同様の治療になる。

【2回目の調整】・・・12月23日
本日が、2回目の治療日。自覚症状がわずかだけ良くなっているとのこと。本日もまずは検査から。左仙腸関節可動域の検査。前回の治療後よりも戻っている。よって、前回予告した通り前回同様の治療を施す。結果、前回治療後の左仙腸関節可動域に対して、本日はより大きく動くようになった。次回も状態確認後、おそらく今回同様の治療になる。

【3回目の治療】・・・12月27日
本日が、3回目の治療日。自覚症状が前回よりもよくなっているとのこと。本日もまずは検査から。左仙腸関節可動域と右腕挙上可動域の検査。共に少しずつではあるが可動域制限が解除されつつある。本日も、前回予告していた通り、これまで同様の治療を施す。同時に、全身の循環調整につき全身の筋膜調整も施す。結果、左仙腸関節可動域が正常になる。次回は、胸椎の調整を予定する。

【4回目の治療】・・・1月4日
本日が4回目の治療日。更に自覚症状が改善してきているとの事。はじめに、左仙腸関節可動域と右腕挙上可動域の検査。共にこれまでで最も動く。本日は前回予定していた通り、胸椎の治療を施す。結果、首の回旋が初診時に対して大きく動くようになった。次回は、本日同様の治療と、硬膜の治療を予定する。

【5回目の治療】・・・1月14日
本日が5回目の治療日。腕の挙上やうがいをするときなどの首の痛みもよくなっているとの事。本日が、前回同様胸椎の確認治療と硬膜の調整を施す。更に、下肢の筋膜調整を施す。次回は、内臓治療と下肢の治療を予定する。

【6回目の治療】・・・1月19日
本日が6回目の治療日。すっかり自覚症状は改善したとの事。各可動域制限もない。本日は
内臓治療と下肢の治療を施す。

【7回目の治療】・・・2月5日
本日が7日の治療日。少し日にちを空けての来院。しかし、自覚症状はぶり返すことなく順調との事。冷え性も改善されているようなきがするとの事。また、毎日眠りも深いとの事。本日も検査から。異常なし。内臓治療と下肢の治療を施す予定でいたが、全身の筋膜調整を施す。

【8回目の治療】・・・2月19日(卒業の日)
本日が8回目の治療日。2週間あけたが順調との事。各検査も異常なし。本日をもって当院での治療は終了です。ただし、毎月一度は、診せにきてもらうように伝えました。

後日、倦怠感と頭痛でお困りの看護婦さんをご紹介していただけるとのことでした。ありがとうございます。お待ちしております。

では、お大事に。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

変形性膝関節症で治らないと思っていた膝の痛みが、4ヵ月後に完治。

6年前に右膝の変形性膝関節症の診断を受け、それ以降膝の痛みがどんどんひどくなっている。

階段の昇り降り、長い時間歩いてられないというお悩みで来院されました。

【最初のお悩み】

□階段の昇り降りが痛くてできない。

□一時間も歩くと膝が痛くて歩けなくなる。

□正座ができない。

□膝をかばっているせいか、最近腰も痛くなってきた。

【可動域検査】

□右膝関節屈曲120度。痛みによりそれ以上曲げられない。

□右足首の関節が外側に曲がらない。

□右股関節が外に開かない。

【一回目の調整】

長年の痛みにより、右膝周囲を中心に全体の筋肉が凝り固まってしまっていました。

まずは、全体の筋膜の調整をして、循環をよくすることで体が治りやすいようベースを整える治療をしました。

それだけでも、膝の曲がる角度も150度と改善し、痛みも少し軽減しました。

【二回目の調整】

一回目の調整後、少し歩行時の痛みが軽減しているとのことでした。

動きの悪かった股関節と足首は、昔捻挫をした右足首が原因によるものでした。

右足首の調整をすることで、右股関節・右膝の動きも改善しました。

【三回目の調整】

前回の右足首の調整後、長時間歩いても痛みが出ることがなくなって、外を歩くのが楽しい!とのこと。

右足首はかなりひどい捻挫だったようで、まだ少し関節の硬さが残っていました。

今回も右の足首を調整しました。

【四回目の調整】

右膝の痛みもかなり軽減し、あと階段を降りる時に痛みが少し残るよう。

右脚の指の動きを見てみると、まったく動かなかった。

捻挫後に足をかばって足の指の筋肉をしっかり使えていなかったよう。

足の指の硬さをしっかり緩め、動きやすいようにする。自宅でのトレーニングも指導。

【五回目の調整】

前回の調整後から階段を降りる際の痛みもほとんどなくなり、足の指のトレーニングとともに徐々に痛みも消失したとのこと。

動かなかった膝関節、股関節、足首の動きも改善しているので、今日で調整終了となりました。

今回の方のように自分は変形しているからと、諦めてしまっている方がいると思います。

もちろん、整体で関節の変形などは治るわけではありませんが、痛みの原因は変形だけが原因じゃありません。

本当に自分の痛みが本当に関節の変形によるものなのかはしっかり確かめておくといいですね。

※個人の感想であり、施術の効果には個人差があります。

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ