予約フォームはこちら!!

骨盤の歪みと頭痛との関連性

骨盤のゆがみが原因で、なぜ頭痛が起こるのでしょうか。こんなに遠い場所なのにと思われるかもしれませんが、人間の身体というのはどこも全て繋がっているのです。特に骨盤は顎関節や頭蓋骨と深い関わりをもち、頭痛の原因となっている例は実は少なくありません。

頭痛のイラスト

一言に頭痛といいますが、いくつかの種類があります。何らかの病気が原因である症候性頭痛、生活習慣の乱れやストレスなどから起こる偏頭痛、主に姿勢の悪さから筋肉が緊張して起こる緊張型頭痛などがあります。

骨盤のゆがみが原因となって起こる頭痛は緊張型頭痛と言われ、多くは肩や首のコリと眼精疲労を伴います。無理な姿勢を続けたり長時間のデスクワークなどで、頭から肩にかけての筋肉が疲労して神経を刺激し、それによって頭痛を引き起こすとされています。

肩や首のコリがひどくなるほど頭痛も悪化する傾向にあり、痛みは頭のほぼ全域で起きますが、特に後頭部から両側にかけて締め付けられるような痛みや頭重感がだらだらと続きます。前かがみや猫背になっていると頭部を支えるために首や肩に負担がかかり、更に頭痛を引き起こしやすくなります。これには仙腸関節のズレやねじれが深く関わっているので、ゆがみを矯正できれば頭痛も和らいでいく傾向があります。

また、原因不明のめまいも骨盤のゆがみが根底にある場合があります。肩や首のコリも要因としてあり、頭痛と共にめまいが起こることもあります。骨盤や背骨がゆがんでいると平行失調が起こりやすいため、めまいを起こす可能性が高まります。

では、骨盤のゆがみはなぜおこるのでしょうか?

歪みからの痛み

寛骨を形成している三つの骨のうちのひとつである腸骨と、仙骨とを繋いでいるのは仙腸関節です。蝶つがいの役割をしている仙腸関節は圧力に弱く、持続的にまたは突発的に強い力が加えられると、結合部がゆがんだり開いたりしてしまうことがあります。

 

いつも同じ足の組み方をしていたり、かばんを持つ手がいつも同じだったりすると、気付かないうちに圧力を加え続けているということになります。寝るときの姿勢も重要です。寝返りを打つといつも同じ方が下になる、変な姿勢で寝る癖がある、うつぶせで寝るのが楽という人は、すでに骨盤がゆがんでいると考えられます。

 

座り方も気をつけましょう。長い時間を椅子に座って仕事するときなど、疲れてくるとどうしても姿勢が悪くなり、猫背や背骨のゆがみを招きます。日常的に姿勢の悪い方は気づかないうちに骨格をゆがめてしまっています。女性がよくする斜め座り(横座り)や足をハの字に開く座り方もゆがむ原因になっています。

 

また、まだ骨盤が固まりきっていない子供の頃に強く腰を打ったことがある場合は、そのときに骨盤をゆがめてしまった可能性があります。日々の運動不足や、年をとったりなどで骨盤を守っている腹筋の筋力が低下すると、骨盤が開いたままになってしまいます。

 

骨盤が歪んでしまう原因はまだまだたくさんありますが、骨盤の歪みからも頭痛などが起こることがありますので、これらの事に注意しましょう!

 

もちろん骨盤王国でもしっかり調整できるので是非骨盤王国へお越し下さい。

 

 

福岡 整体 頭痛 骨盤

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ