予約フォームはこちら!!

下腹ぽっこりでかっこつかない!そんなジレンマを吹っ飛ばすらくらく解消法

 

特に太ってるわけではないのにぽっこりでてる下っ腹・・・ 普段仕事で着るスーツも、張り切って買ったおしゃれな服もぽっこりお腹が気になってかっこよく着こなせない! 年のせい?ビールっ腹?ダイエットしなきゃ!!と思ってるあなた、姿勢は意識してますか?

026788
    下っ腹のぽっこりは姿勢で改善!

 

普段の姿勢、見直したことありますか?姿勢は大きく分けて猫背・反り腰・正常な状態の3つありますが一番ぽっこりお腹が気になる方は猫背になってる傾向があります。 いや、背筋を伸ばす意識はしてるし!!!なんて思った方々、では骨盤の姿勢は気にしてますか? 骨盤と猫背とぽっこりお腹、大きく関係していて、逆に言えば骨盤を整えるとぽっこりお腹も改善できます。

 

 

 まずは姿勢チェック

あなたの姿勢はどちらですか?

下っ腹1
注目するところは ・背筋がのびているか ・肩が内に入ってないか の2点はもちろんですが、プラスして骨盤にも注目してください。   画像の腰の辺りの三角が骨盤です。正しい姿勢だと、例えば硬いところに座ったとき骨盤の骨が地面に当たる感じがします。画像で言うと三角のとがった部分ですね。左の写真のように骨盤が後ろに向いている状態だと、お腹がぽっこり出たり、猫背になってしまい全体的に姿勢も悪くなります。これではせっかくのスーツやおしゃれな洋服もかっこよく着こなせなくなってしまいますね。

 

 

骨盤の姿勢を正すお手軽筋トレ

 

では骨盤を正しい状態にキープするにはどうしたらいいでしょう?簡単に言えば腹筋やその周辺にある筋肉を鍛えてしまえばいいです。でも腹筋50回!背筋が50回!なんて考えただけでもきつくてやってられないし毎日なんて続けられそうにないですよね・・・。 ひとそれぞれ筋力や限界も違います。今回は筋肉の状態に合わせてレベルを分けて簡単に続けられる筋トレをご紹介します♪

 

レベル1

 

まずは何か習慣づけることからはじめたい方へ ☆おしり歩き ①床に座って体操座り この時姿勢は伸ばし骨盤の向きを意識して座るります。硬いところに座ったときに骨があたる感じですね。②その状態で左右に大きく揺れてください。 イメージは足踏みのお尻バージョンです。 何かをしながら簡単にできるので続けやすく姿勢を正す意識もつくのでわざわざ筋トレに時間をとられたくないし面倒だと思う方に特におすすめです。

 

レベル2
寝たまま腹筋

下っ腹2
①仰向けで寝る
②足をクロスさせて天井に向かって垂直にあげる この時つま先も天井に向かって伸ばすように気をつける ③この体勢をキープ 30秒キープが理想ですが難しければ10秒からなど無理のない範囲からでOkです。一般的な腹筋だと起き上がるのが辛い、腰が痛いという方におすすめです。

 

レベル3
☆寝たまま腹筋レベルアップ

下っ腹3
①天井に向かって足を垂直に伸ばす
②その状態をキープしたままこしを浮かす→下ろすを繰り返す
足が曲がったり斜めにならないようにするのがポイントです。腰を手で支えるのもだめですよ。
この腹筋はレベル2の足上げキープで30秒以上でも余裕という方におすすめしています。
いやいやもっといける!という方は足を左右に大きくゆっくりひねりを入れるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

姿勢や骨盤の向きは日ごろのクセや習慣によるものなので、残念ながら1度の筋トレやストレッチではなんともならないものです。だからといってがつんと効くきついストレッチは身体に負担がかかったり続かなくてあきらめてしまいがち。まずは気軽に始められる筋トレでそんなジレンマから抜け出して、理想の体系を目指しましょう♪

 

 

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ