予約フォームはこちら!!

ギックリ腰の治療

ギックリ腰注意報!ギックリ腰が増えてます^^;これからの時期は要注意です。何故なら色々なギックリ腰の要因があるからです。そもそも体が悪くなる原因てご存じでしょうか?様々な要因がありますが一言で言うと「疲労」なんです! 
では何で疲労するのか?大きく分けて4つあるんです。
・運動 ・食事の悪さ ・睡眠 ・ストレス

 

これらが組み合わさって体が悪くなってくるんですね。まず運動は運動不足で循環が悪くなっていたり、運動をしすぎて体が壊れたり、同じ姿勢で反復的な動きばかりしている、もしくは動いていない。これらが運動に当たる悪い事です。 
次に食事の悪さ、これも不調や腰に関係なさそうですがじつはかなり関係あるんです。特にギックリ腰を起こす方はかなりの確率で胃腸や肝臓などが疲れています。内臓をかばって体が悪くなることもあるんです。食事に関してはもちろん食べる物が重要ですが、寝る前に食べたりなど食べる時間も大切です。次に睡眠これは睡眠時間が短いのはもちろんですがこれも寝る時間帯も重要です。細かいアドバイスはご来院されたときにまたするとして、この日常の生活要因がとても大切だということを頭に入れておいてください。

 

この時期の疲労要因とは何でしょうか?これからの時期で言うと忘年会などの飲み食いで内臓に負担がかかることや、年末の忙しさで疲労が溜まること、また気温も疲労要因の一つになります。寒暖の差があるときもそうですし、ずっと冷えたままになって筋肉が縮こまることもあげられます。こうして体に疲労が蓄積している時に普段ならなんてことない動作をした時に・・・・
雷
こうなるんです(+_+)
外国ではギックリ腰の事を「魔女の一撃」と呼ぶそうです。痛そうですネ・・そもそも日本のギックリ腰も俗称で本当は「腰椎捻挫」
つまり腰の捻挫と言います。 よくギックリ腰や急性の症状を出した時温める人がいますがそれは止めてください!急な痛みが出た時はシップなどでなく氷やアイスノンなどでしっかり10分置きぐらいに冷やしてください。足を捻挫した時お風呂は控えますよね?それと一緒で血行が良くなるもの、お酒なども控えて下さい。傷口が広がって痛みを感じる物質が血液中からどんどん出てきて余計に悪化する可能性があります。まずは冷やして安静。これが大事な対処法です。
 
よほどひどい時はペインクリニックなどで痛みどめを打った方が良いですが。動ける程度なら整体で歪みを整えることで傷の部分が治りやすい状態には持っていくことができます。歪んで固まっている状態だと循環も悪く栄養も行きとどかないので回復が遅くなります。歪みが無い状態でしっかりと冷やして睡眠をとれば早い段階で症状は改善してくるはずです。
 
またギックリ腰をしてから痛みは大体良くなったが調子が悪いという方もいらっしゃいます。この場合も炎症は治まっても歪みが残っているので体がうまく動かせないのかもしれません。良くギックリ腰が癖になると言ったり、毎年起こしている人もいらっしゃいますがそれは実際癖になっているのではなくて、その方の日常生活の体の方に癖がありそこに負担が毎回かかるために繰り返すと考えられます。つまり歪みを取ってその人がバランスよく体を使えるようになればつら~いギックリ腰ともお別れすることができるようになるのです。
 
これからの時期に増えるギックリ腰、本当はそうなる前に体をケアしておけば全然問題ありません。痛みが出る前にぜひ当院へ一度ご来院ください!

お電話でのお問合せ・ご予約はtel:0927251558 受付時間/9:00〜22:00
 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。

日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
治療院 求人サイト
お問合せ