予約フォームはこちら!!

天神 整体

10,000人がすでに腰痛を改善!!
  • HOME
  • 初めての方へ
  • 料金
  • スタッフ紹介
  • ゲストの声
  • 骨盤王国への道のり
  • どんな整体?

産後の腰痛や肩こりがすごく楽になりました。

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e7%9f%af%e6%ad%a3-a001

 

Mさん 主婦

 

産後に肩こり、腰痛で来店しました。

数回通っただけで肩回りもだいぶ

楽になって腰痛がすごく楽になりました。

 

腰回りは痛みが引いただけじゃなく

産後きつかったGパンがゆるくなりました♪

ありがとうございました!

 

 

 

 

産後の骨盤矯正,産後のお悩み,腰痛,肩こり,福岡,整体

正直なおるのかなぁ?と思っていましたが、数回の来店後は改善しました♪

腰痛 A004

 

Oさん 女性

私は中学校の部活のケガでずっと膝に違和感(張り?)があり、
また、腰の右側に痛みが続いていました。

これまでに整骨院やリハビリぜーションなど通いましたが、
施術してもらった後は改善しますが、
その後は元に戻るという繰り返しでした。

 

そんな時インターネットで骨盤王国を見つけました。

最初は物の試しに行ってみようかなという気持ちで
あまり期待していませんでした。

初めて来院した時、問診から始まりました。
ここまで丁寧に詳しくされたのは初めてでした。

そして、自分の気になってる膝と腰の症状を伝え、
施術していただきました。

ここのお店は他店と違い、指圧もそこまで強くなく、
痛みのある部分を重点的に施術している感じはしなかったです。
正直気治るのかなと思っていました。

 

でも次の日歩いた時の感覚が少し違っていました。

これはもしかして、信じていいのかと思いました!!

 

それから数回施術していただいたら、
ウソのように腰と膝が良くなってきました。

こんな短期間でここまで改善するとは思っていませんでした。
今までこんなに良くなったことなかったので嬉しく思い、
これからも定期的に通いたいです。

石井先生ありがとうございます!!

 

 

 

 

腰痛,膝の違和感,福岡,整体

痛くて眠れないほどの膝の痛みも今では快適に!

kh

 

膝の痛みでお悩みのKさんより
口コミ・お喜びの声をいただきました!!!

ありがとうございます。

kh-2

 

信号の点滅で「あ~~~走って渡れない」

もう年だし、この程度の歩行で終わるのかと思いきや
とても忙しい時期(介護や娘の出産の手伝いetc)が重なり、

膝が痛くて眠れなくなりました。

30代から、腰痛をはじめ、膝関節症、座腰神経痛など

折々に病院やカイロに通っておりましたが、

なかなか改善には至りませんでした。

ジムに通っている時、紹介され、内村先生に身体全体からの

施術をしていただき、上手にケアしていただきながら

快適に過ごさせていただいてます。

この夏スイスの山のトレッキングをすることが出来ました。

行く3週間前に足の指を骨折しましたが、

先生の新しい施術方法と私の必死の祈願で

行く前ギリギリ、ギブスが取れたのです。すごいでしょう!!

足のしびれが回を重ねるごとに良くなりました!

大屋 由紀子

足の指から太ももにかけてしびれがあり
6回のクーポン券で通いました。
1回の施術で、帰りは良くなってました。
何日かするとまたしびれたりしてましたが
回数をかさねるたびによくなりました
足のもみ方やストレッチを教えて頂いたので
家でもやっていきたいと思います。
痛みの原因なども詳しく説明もしていただきましたので
これからの生活も気をつけていきたいと思います
ありがとうございました。

福岡 整体

尾っこをひいて歩いていたのが、今では杖いらずになりました!

無題

Q.こちらに来ていただいてくる前はどのような症状でしたか

来院するまでは、股関節が悪いと言うのが分からなくて
尾っこ引いて歩いており、どんどん歩きにくくなっていっていました。
テレビで骨盤王国が放送されたのを見て行きたいなとずっと思ってはいたんですが、
その時は、病院には通っておりどうしても痛みがどんどんひどくなっていったので、
思い切って来て骨盤王国へ来院しました。

すごくいい治療してもらい、他の整体とはぜんぜん違う感じの治療でした。

途中で日付が空いてまた痛くなり、来院しましたが、
その時も来院前はカラダがボロボロボロボロなるような感じでした。
でも治療してもらった後、階段を登るにしても手すりに掴まらなくては登れなかったのが、治療が終わって帰ると手すりをつかわなくても登れるようになっていたことには驚きました。
全体的にカラダが軽くなってそれにもビックリしました。

少し無理をしてしまい、膝の裏が腫れて痛みが酷かったので心配になった時もありましたが、来院して治療を受けた後は膝の裏の腫れが分からないくらい引いて、自分自身が腫れていたことを忘れるくらいになっていました。
普段は杖をついて歩いているけど、来院した帰りは杖がいらないくらいです。

街角で自分と同じような人がいたら声を掛けたくなります。
こういう治療をされる方にご縁をいただけるといいのになと同じ痛みを持つ者として思います。

痛みを持っていると孤独で怖くて、不安でこの前まで走り回っていた自分がどこかにいってしまって・・・この苦しさは本人しか分からないんです。 
家族も優しくはしてくれるけど、理解はなかなか出来ないと思います。
そんな中で足を引きずっている方は、孤独の中で生活している先の見えない生活をされていると私は感じます。
そんな方々が骨盤王国にご縁をもたれるといいなと願っています

Q.最後に同じ悩みを持つ方に一言お願いします。

本当に、骨盤王国にご縁をいただいて、まず受けて診られたらいいと思います。
すごくおすすめします。
それから、まずは心が楽になったのですすめたいです。
こういう治療もあるんだと。
病院もいいとは思うけど、
病院へ、一生懸命真面目に毎日通って、毎日同じ治療を繰り返していくというのでは私は治らなかったので、
骨盤王国へ第一歩を踏み出して治療を体験されてみたら
そこから喜びを見つけられる方もいらっしゃるかもしれないです。

福岡 整体

b962f1c609f258da8a2ec4c25657e3ff_s

コレは意外!?子供の膝の痛みであるオスグッドは○○をすることが大切!

部活動が忙しい子供さんなら一度は膝の故障があったのではないでしょうか。
走ると痛い、自転車をこぐときに痛みを感じる、正座をすると痛い、膝の下がぽこっと出ているなどの症状があるのであれば「オスグッド病」の可能性があります。

スポーツをする方で膝の痛みを訴える方は多いですが、痛みを我慢して練習をすることでもっとひどい状態になります。
オスグッドは治る疾患ですので、正しい知識と対策をすることが解決の早道となります。

オスグッドは成長痛ではない

正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)」
サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。  Wikipedia 参照

 

膝

 

よく成長痛だから仕方ないとか、みんな経験する痛みだから我慢!などという考えの監督もいるようなので、そんな意見があれば気にしないようにしましょう。

成長期の子供に多く見られる膝の疾患ですが、子供は皆、成長期を迎えて体が徐々に大人になります。成長期の子供が皆、オスグッドになるかと言ったらなりません。

クラブ活動で毎日練習に励んでいても、なんともない子もいます。いったいその差はなんでしょうか?

■ 筋肉の硬さがカギだった

オスグッドは太もも前面の筋肉が硬くなることで、筋肉の付着部である、膝の下の脛骨を剥離させてしまうのです。

筋肉を硬くさせているのは、さまざまな要因がありますが、練習前と練習後に太ももをしっかりストレッチをしているのかがとても重要になります。

■ 日々の生活でも、太ももに負担がかかっている

自転車を漕ぐという動作も太ももに負担をかけている一つです。しかもサドルを低くすることでよりいっそう太ももに負担がかかります。逆に高くするとふくらはぎがシェイプアップされ運動効果が高まります。

適切なケアが回復の近道

整骨院や整形外科に行っても、膝の周りのストレッチや揉み解しだけの治療だけで終わることが多いようです。また、患部に湿布を貼ることをしても問題の根本解決にはなりません。

■まずは太もも前面のストレッチをする

オスグッドは太もも前面の緊張があるせいで、曲げ伸ばしのたびに脛骨に付着した太ももの筋肉が骨を剥離させてしまいます。しかし、太ももの筋肉が伸びがあり、柔らかければ骨を剥離させるほどの力はありません。

■骨盤が後傾している

テレビを見るとき、勉強しているときなどすわり姿勢を見るとよく、椅子に浅く腰掛けてふんぞり返るような姿勢をしている大人も子供も多いのですが、それは骨盤を後傾させる原因を作ってしまいます。

立っているときは、足で体重を支えています。しかし、座っているときは体重を支えているのは骨盤です。

実は骨盤こそが解剖学的には身体の要なんです。骨盤を解剖学的に正しい位置にセットする必要があり、そうすれば 背骨・股関節・大腿骨など骨盤身連なる骨や関節が全て安定し、姿勢が正され、太ももの張りも取れ、腰痛や肩や首、背中のこりも、全て解消されていきます。

回復を早めるストレッチとは

太ももの前面をストレッチするのに一番簡単ですぐにできるのが実は「正座」です。

正座をするのはオスグッドを悪化させる悪いことだと思っている方もいるかもしれません。 最近の子供さんは昔のようにもちゃぶ台を囲んで正座をして食事をとることが少なくなり、日常で正座をすることが極端に減りました。

そのせいで、日常的にストレッチできる環境だったのがなくなり、オスグッドになる子供が増えているんです。

95596743fe8c4f7a7794c7fed1c2d3dd_s

■ ストレッチは強くても弱くてもダメ

ストレッチをするときについ痛くても頑張ってしまうという人がいますが、それはかえって逆高校かになることがあります。それは筋肉に負荷かがかかりすぎるので、より硬くしようと働くことで症状が悪化してしまいます。

ストレッチは心地よいぐらいの強さでやるのがベスト。

休養と温熱もオススメ

■休養しないと回復はできない

毎日休みなく運動する子供さんがいます。学校が休みで自主練習に励むことはすばらしいことですが、筋肉は休むことが出来ません。ですので、体と相談して練習を休む日を作りましょう。

休養といったら睡眠です。 睡眠不足も筋肉の疲労回復を阻害してしまう大きな要因になります。 睡眠は筋肉以外にも、脳や内臓も休むときなので睡眠不足は全ての器官が回復できないため疲れるのです。

■温めるとよくなる

筋肉だけではないですが、体は細胞で出来ており、温めることで血流が良くなり末端まで酸素や栄養分がいきわたります。

しかし、最近の大人も子供もシャワーで済ませることが多くなり、湯船に浸かる機会が減っています。 ですので湯船に浸かりしっかり温めることが大事です。 しかし、熱を持ってほてっている場合はその限りではありません。

膝のトラブルは結構あります。

オスグッド以外に膝のトラブルはあります。 ここではオスグッド以外にも成長期の子供さんが起こしやすい膝のトラブルをご紹介します。

●膝円板状半月板

生まれつき半月板が大きく、膝がまっすぐ伸ばせないことがあります。

●習慣性膝蓋骨脱臼

転びやすい、走るのが遅い。立ち上がる時、膝を手で支えて立ち上がる。

●膝蓋軟骨軟化症

膝のお皿(膝蓋骨)が内側を向いている。

●シンスプリント

痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まります。ある一点に集中する痛みとは違
い、 筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。

膝でもさまざまな症状がありますので、まずは専門家に診てもらい対処していきましょう。

膝

コレで解決!膝の痛みの原因と対策 

「階段を上るときに膝が痛い」「歩くときも違和感を感じる」などの膝の痛み・不快感を持っている方が増えています。

膝の痛みはお年寄りに多いというイメージがあるかと思いますが、そんなことはないんです。よく整形外科などに行くと「加齢」や「肥満」「軟骨の磨り減り」などが原因と言われますがそれ以外にも姿勢の問題で骨格的に歪みが生じて起こる痛みもあります。

今回は40代までの方によく起こりがちな膝の痛みについて解説していきます。

膝が悪い人増加中

膝に何らかの問題を抱えている人の割合は5人に1人と言われています。昨今ではウォーキングやランニングをしている方が増えていますが過度の運動も手伝って膝に負担をかけています。

歩行時、自分の体重を一点で支える膝には、平地でさえ瞬間的に体重の3倍。
ランニング時には5倍もの衝撃がかかると言われています。

それ以外にも昔に比べてアスファルトで固められた道路が当たり前になりそこをビジネスシューズやパンプス、ハイヒールなどの衝撃をあまり吸収できない靴だと、ダイレクトに膝に負担がかかります。

このことから現代人は膝を悪くしやすい環境におかれているということなんです。
身体のずれが膝の痛みに繋がる

■ 人は三点でバランスを取り上体を支えています

股関節・膝・足の裏(親指・小指・かかと)でバランスをとって上体を支えています。通常は、まっすぐ腰から膝を通って地面へと力が抜けていきますが、体のバランスが崩れてくるとその状態が維持できなくなってしまいます。

どんな状態のときにバランスを崩してしまうかというと、極度に疲労することで骨盤が開いたり下がったり、外反母趾で足の裏の3点ががうまく支えることが出来なくなるなど。

こうなると重心が崩れてくるのです。崩れた重心を安定させるために体は両足を開いたり、骨盤に負担をかけて無理にでもバランスをとるようになります。 女性に多いO脚も、この結果として生じてしまう症状の一つです。

このように歪みでバランスが崩れることで、力がまっすぐに抜けません。体重を支えるための力は膝に集中し、膝はその力を外側に逃がそうとさらにがに股になっていき膝の筋肉は硬直を始めてしまいます。

それが関節を少しずつすり減らし、長い時間をかけて膝の痛みの原因を作ってしまうことになります。

■ 膝の痛みは骨盤にも原因が

腰椎の3番は体の回旋を司る部分ですが、ここが硬直していると、体がうまくねじれないため、膝を軸に体をひねるようになります。 膝は回旋に対応しているつくりになっていないため、膝の負担が増えます。 負担が増えることで膝は負担を減らそうと筋肉を硬直させて痛み物質を放出し知らせようとします。

腰椎の3番がなぜ硬直してしまうのかというと、ストレスや過食、腎機能の低下などから腰椎3番が硬直して、膝に症状が出るという流れです。まずは根本原因を見つけ、改善することが完治への第一歩です。

膝の痛みに効く体操

朝晩2回 股関節を内側にひねる体操
股関節を軸に、脚を回旋させることでズレた重心を元に戻すための体操です。上手に行うと最後に脚を下ろしていく際に床が非常に遠くに感じるようになります。

①仰向けに寝て片足を上げ、両手で膝を抱えて体に引き寄せる

hizawomageru② 足先を上げ両手で太ももを持つ。つま先よりもかかとをあげ、アキレス腱が伸びるようにする
nobasu③太ももをグット持ち上げるようにしながら、ゆっくり脚を内側へひねる
neziru④ 脚は持ち上げるようにしたまま、ゆっくりと脚を外側へひねる。これを数回繰り返す。
neziru 2⑤ 足先を内に向けた状態で両手を離し息を吐きながら足を出来るだけゆっくりと床へ下ろす。
orosu

 

膝に効くサプリって本当にいいの?

ヒヤルロン酸・コラーゲンやコンドロイチン、グルコサミンなどを原料としたサプリメントが世の中にはたくさんあります。あなたも飲んだことはあるかも知れません。

飲んで膝の調子はどうでしたか? 口コミなどを見ても効果があったという声もありますし、効果がなかったという方もいますし、配合量や成分の由来がメーカーごとに違いがあります。

■MSMという成分が入っているサプリがオススメ

「メチル・スルフォニル・メタン」の頭文字をとったものです。日本語に訳すと、「有機化された硫黄」という意味になります。硫黄というと温泉のイメージがありますがそれとは関係はありません。サプリメント大国のアメリカではこの成分が配合されているものが主流になっているようです。

効果としては、MSMを摂取することにより、コラーゲンの生成が活発になり、新鮮なコラーゲンがどんどん増えていきます。膝の軟骨はコラーゲンで出来ているのでたくさん摂取することでクッションの役割をサポートしてくれます。

さらに、炎症を抑える効果も期待されており、関節の炎症が抑えられることによって、炎症に伴って引き起こされていた関節痛も、緩和されるようになります。

サプリメントを選ぶならMSMが入っているものをオススメします。

膝からのメッセージに耳を傾けよう

膝が痛くて歩くことが億劫だと嘆いている方も多いかと思います。「この膝さえ治ればゴルフが出来るのに・・・」「この膝を全て取り外して新しいのを取り付けられるなら取り替えてほしい」なんて事を言われる方もいます。

しかし、膝は今まで何度もあなたに警告という小さな痛みを発していたんです。しかしあなたが無視をしたり、正しいケアをしなかった結果、膝の痛みが重症化してしまったのです。

膝を憎まず、今までの無茶を反省し膝の声を聴きながらケアをしていきましょう。きっと膝も回復が早くなりますよ。

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_s

 
日本一多い喜びの声を見る
症状別改善事例
アクセス
腰痛日記
鍼灸師 女子限定一名募集
鍼灸師 男子限定一名募集
お問合せ